このページの本文へ

EK WaterBlocks「EK-FC Titan Z - Acetal+Nicke」、「EK-FC Titan Z - Nickel」、「EK WaterBlocks EK-FC750 GTX - Acetal」

GTX TITAN ZとGTX 750/750 Tiを水冷仕様にするキット

2014年06月03日 23時15分更新

文● 藤田 忠

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 EK Water Blocksから先週発売されたNVIDIA製GPU最上位モデル「GeForce GTX TITAN Z」(関連記事)と、“Maxwell”アーキテクチャーのエントリーGPU「GeForce GTX 750/750 Ti」に対応する水冷ヘッドが3モデル登場した。いずれもオリオスペックで販売中。

EK WaterBlocksのフルカバーGPU水冷ヘッド「EK-FC Titan Z - Acetal+Nicke」(上)と「EK-FC Titan Z - Nickel」(下)

 「EK-FC Titan Z - Acetal+Nicke」と「EK-FC Titan Z - Nickel」は、「GeForce GTX TITAN Z」搭載ビデオカード向けの水冷ヘッド。2つのGPUコア、メモリー、VRMをまとめて冷却できる点は従来製品と同じ。水冷ヘッド取り付け後は、占有スロットが3スロットから2スロットに減少。2スロット用のバックパネルが付属している。

 価格はアクリル樹脂のトップカバーを採用し、水流がみえる「EK-FC Titan Z - Acetal+Nicke」が2万5145円、ブラックカバーの「EK-FC Titan Z - Nickel」が2万5816円。

トップカバーの材質以外に両モデルに差はなく、GeForce GTX TITAN Zのリファレンス基板に対応している

両製品にはグリスやサーマルパッド、固定ネジなどに加えて、2スロット用のバックパネルが付属

 変わって「GeForce GTX 750/750 Ti」搭載ビデオカード向けの水冷ヘッドが、「EK WaterBlocks EK-FC750 GTX - Acetal」で、GPUコアとメモリーを冷却できる。価格は1万52円。

リファレンス基板を採用する「GeForce GTX 750/750 Ti」搭載ビデオカード向けの水冷ヘッドの「EK WaterBlocks EK-FC750 GTX - Acetal」

■関連サイト

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中