このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

「Surface Pro 3」は"ヤバイ、すごい"—ノートPCを置き換えると自信

2014年06月02日 22時30分更新

文● 小山安博

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「Office Home and Business 2013」、
「Note Anytime」を同梱

 日本向けには、一般向けに「Office Home and Business 2013」をプリインストール。Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNoteが同梱され、商用利用権も付与される。法人向けにはOfficeは付属せず、ボリュームライセンスやOffice 365などに柔軟に対応できるようにした。一般向けに商用利用権があるため、こちらを購入して社内での利用も可能だ。

 また、MetaMojiのノートアプリ「Note Anytime」の特別版も国内向けはプリインストール。手書きを中心としたさまざまな用途に活用できる点をアピールしている。

日本版のSurface Pro 3は、一般向けモデルにOffice Home & Business 2013が付属する

「Note Anytime」のSurface専用版も同梱

Surfaceにあわせ、OneNoteの手書きテンプレートとして常用漢字学習向けのデータなども用意

Note Anytime for Surface

 Surface Pro 3は12型となったが、ホール氏は「10.6型で16:9のタブレットは映画などにはいいし、モバイルでも使える」として、複数のサイズのデバイスも考慮しているようだ。また、Windows RT搭載のSurfaceについて具体的な計画は明らかにされなかった。

MacBook Pro 13インチ (Retinaディスプレイの場合は重量1.57kg。非Retinaの場合は2.06kg)との重さ比較。Surface Pro 3は、キーボードカバー、Surface Pen、ACアダプターに加え、リンゴを載せているが、それでも軽いとアピール

デスクトップ用途に、クレードルも用意する

 なお、Surface Pro 3はアスペクト比3:2になったが、「全画面のWindowsストアアプリについては、既存アプリは特別な工夫は必要ない」としている。逆に3:2を考慮すれば、複数のアスペクト比で最適な画面で表示できるとしている。もちろん、OEMベンダーが3:2比率のWindowsタブレットを開発することも可能だという。

Surface Pro 3の価格

販売チャネル


■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン