このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

白色申告をしているフリーライターが試してみた!

「やよいの白色申告 オンライン」に追加された2つの新機能

2014年06月10日 15時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 5月23日、確定申告のクラウドサービス「やよいの白色申告 オンライン」がパワーアップした。「集計・レポート機能」と「取引帳簿の出力機能」を搭載し、2014年1月から始まっている白色申告の帳簿保存義務化に対応。入力したデータをお金の管理に活かすことも可能になった。今回は、「やよいの白色申告 オンライン」の新機能を中心に紹介しよう。

「やよいの白色申告 オンライン」がパワーアップした!

収支状況をグラフで分析できる

 2014年から記帳・帳簿などの保存制度が変更され、白色申告事業者も記帳しなければならなくなった。初めての記帳で戸惑っているなら、クラウドサービスの「やよいの白色申告 オンライン」がオススメ。詳しくは、「確定申告は「やよいの白色申告 オンライン」で手軽に済ませる!」で紹介しているので参考にして欲しい。

 筆者も「やよいの白色申告 オンライン」を便利に利用しているが、5月23日にアップデートされ、機能が強化された。新搭載されたのは、「集計・レポート機能」と「取引帳簿の出力機能」の2つ。早速、試してみた。

 「やよいの白色申告 オンライン」にログインしたところ、いきなりグラフが現れた。「ホーム画面」に入力済みのデータがグラフ化されて表示されている。収支状況がグラフで表示されるので、一目瞭然だ。ちなみに、起動時にホーム画面ではなく、取引の入力画面を開くこともできる。毎日取引を入力している人なら、自動で取引画面が開く方が便利だろう。

ホーム画面を開くと、月別の収支状況が表示される。画面下の「起動時に表示する画面」で「取引の入力」を自動表示することも可能だ

 「レポート」メニューでは、さらに細かい分析が可能になる。「月収支レポート」では、ホーム画面に表示されたグラフに加え、収支の表も表示される。毎月の利益がばっちり表示されるので、現状把握に役立つだろう。「期間計」の「収支-支出」は、自分の所得となる。表示する期間は画面上部のメニューから選択できるので、決算前を非表示にしたいときなどに利用しよう。

 科目別の経費や、売上と外注の取引先別のグラフも表示できる。どの取引相手のウェイトが大きいのかを視覚化できるので、分析に役立つ。例えば、1つの取引先が50%以上を占めているなら、ちょっと怖い状況。倒産やケンカなど、何らかの理由で取引が終了すると被るダメージが大きくなってしまう。そんなときは、小口でも新しい取引先を開拓しておこう、といったプランが立てられる。

「レポート」メニューを開いたところ。グラフと表で月別の収支を確認できる
右上の「科目別」をクリックすると、経費の内訳をグラフで確認できる。こちらも期間指定が可能だ
「取引先別」を開いたところ。売上相手の比重を確認できる
「経費支払先へ」では、経費を支払っている相手を確認できる。外注先のウェイトを調べるときに使おう「日別」では100日までの期間を指定し、グラフ化できる

前へ 1 2 次へ

お金の疑問をズバッと解決!
  • 魁!! アスキービジトク調査班R

    ビジトク調査班Rとは……世のフリーランス、個人事業主に関係するお金の情報を片っ端から調査する非公式組織である! 「いくちょん」と一緒に役立つ情報やTIPSをお伝えしていくぞ!

    2015年11月10日 11時00分更新

  • マンガでわかる! 必ず得する「確定申告」

    「確定申告」万年初心者のマンガ家・あべかよこが常々疑問に持っていたど素人な質問に、宮原税理士がやさしくわかりやす

    2014年12月24日 11時05分更新

  • 特命!! アスキービジトク調査班

    個人事業主がビジネスでトクする情報を、ASCII.jp編集部内に結成された調査班・特命記者のカリーさんといくちょんが日夜大奮闘してレポート!

    2014年12月22日 19時00分更新