このページの本文へ

Firefox OSの開発者向け端末、日本向けに正式に提供決定

2014年05月28日 17時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Mozilla Japanは公式サイト上で、Firefox OS搭載の開発者向け端末「Flame」を、日本での正式な適合証明を受けた上で国内向けに提供することを公表した。販売方法や価格などの情報は後日公開される予定。

 Flameは海外でも27日(現地時間)に予約受付が開始されたばかりの最新端末。海外では170ドルの価格付けがなされている。

 CPUはデュアルコアのSnapdragon 200(MSM8210、1.2GHz)で、4.5型ディスプレー(480×854ドット)、1GBメモリー(設定により、256MB~1GBに変更可能)、8GBストレージで、W-CDMA(850MHz/900MHz/1.9GHz/2.1GHz)とGSMに対応する。Firefox OSデバイスとしてはミドルレンジに位置するモデルである。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン