このページの本文へ

アップル抜きブランド価値1位のグーグル、給与待遇も1位

2014年05月26日 05時59分更新

文● 加藤 宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 世界大手広告会社の英WWPの子会社となるカンター・ジャパンはこのほど、WWPグループが実施したブランド価値ランキング「BrandZ TOP100 Ranking(ブランジー・トップ100ランキング)」の結果を発表した。ブランド価値の算出およびランキングは、同グループのミルウォード・ブラウン・オプティモアが行った。

「BrandZ TOP100 Ranking」上位10社
「BrandZ TOP100 Ranking」上位10社

 2014年に最も価値の高いブランドとして評価されたのは「Google(グーグル)」で、昨年まで3年連続トップだった「Apple(アップル)」を抜いた。グーグルは、メガネ型ウェアラブルデバイスの「Google Glass(グーグルグラス)」の開発や、AI(人口知能)への投資、Android OSの自動車への搭載など革新的な動きが評価された。

 同ランキングの3位は「IBM(アイビーエム)」、4位は「Microsoft(マイクロソフト)」、5位は「McDonald’s(マクロナルド)」。ほかにSNSへの評価も高まりつつあり、「Facebook(フェイスブック)」は昨年から10ランク上がり21位、「Tencent(テンセント)」は同7ランクアップの14位となった。「Twitter(ツイッター)」と「LinkedIn(リンクトイン)」も100位以内にランクインしている。

「Top 25 Companies for Compensation & Benefits(2014)」上位5社
「Top 25 Companies for Compensation & Benefits(2014)」上位5社

 キャリア情報サイトの米グラスドア(Glassdoor)が発表した「Top 25 Companies for Compensation & Benefits(2014)」によると、従業員が給与・報酬に対して評価する企業ランキングのトップはグーグルで、2位はコストコ、3位はフェイスブックとなった。“企業の外部”からブランド価値が高く評価されるグーグルは、“企業の内部”からも高評価を得ていることがわかった。

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画