このページの本文へ

パソコンのインターネットラジオよりも気軽に利用できそう

J:COM、ケーブルテレビでAMラジオ放送開始

2014年05月26日 16時15分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
視聴イメージ

 ジュピターテレコムは5月26日、TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送のAMラジオをJ:COMテレビで放送するサービスを27日より開始すると発表した。

 これはJ:COMテレビのデータ放送の音声送信機能を使うもので、この方式でのラジオ音声の再送信は首都圏で初めての取り組みという。ラジオ聴取は東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県の各J:COMサービスエリアで、J:COMネットワークに接続しているケーブルテレビ。J:COMの有料サービスに加入していない場合も、地上波10chで放送している「J:COMテレビ」のデータ放送のメニューから「AMラジオを聴く」ボタンを押すと、TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送を聴くことができる。

ラジオ聴取方法

 放送内容はAMラジオで放送してるものと同一で、同時再放送という形となる。ビルの谷間や送信所から離れたAMラジオ放送難聴取地域の受信改善となるだけでなく、J:COM契約数である約441万世帯にラジオ受信機が新たに置かれたこととなり、新たなリスナーの獲得、新しいラジオ聴取スタイル構築にも繋がることが期待されるとしている。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン