このページの本文へ

約4万円で買えるソニモバ「Xperia M2」直輸入モデル

2014年05月24日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーモバイルの新しいミドルレンジスマートフォン「Xperia M2」が直輸入でアキバに登場。イオシス アキバ中央通店やビートオン 秋葉原店などのイオシス各店で販売がはじまっている。

国内未発売のミドルレンジスマホ「Xperia M2」が店頭初登場。スペックや価格控えめの手頃なモデルになっている

 540×960ドットの4.8インチディスプレーや1.2GHz動作のクアッドコアCPUなど、やや控えめなスペックながら手を伸ばしやすい価格が魅力のミドルレンジスマートフォン。ソニーモバイルが今年の「MWC 2014」で発表したが、国内での発売は未定となっている端末だ。

 800万画素の「Exmor RS for mobile」センサーを搭載。フルHD動画撮影や高速連写にも対応するなど、カメラ機能はハイエンド級のポテンシャルを秘めている。

カラーはブラックとホワイトが入荷。サイズは「Xperia Z」とほぼ同じで、カメラはシリーズ中では珍しく中央に配置されている

 OSはAndroid 4.4。主なスペックは、CPUがクアッドコア動作の「Snapdragon 400 1.2GHz」、メモリー1GB、ストレージ8GBなど。外部ストレージは最大32GBのmicroSDHCカードが使用できる。ネットワークはBluetooth、NFCをサポート、通信規格は3GとGSMに対応している。

 イオシス各店にて3万9800円で販売中だ。

ボタンのレイアウトやデザインは現行Xperiaシリーズ共通。ミドルレンジモデルのため防水仕様ではなく、端子類もむき出しになっている

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン