このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

真のベストオブブリードを実現する工夫と体制を聞く

統合型システムの先駆者「Vblock」が今でも最強である理由

2014年05月27日 14時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp 写真●曽根田元

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

VMware、シスコ、EMCの製品を組み合わせた統合型システム「Vblock」を展開する米VCE Company(以下、VCE)。アプライアンスやリファレンスアーキテクチャとの違い、後発ベンダーに比べた優位点などを米VCE Company,LLCのジェイミー・アーブス(Jamie Erbes)氏に聞いた。

800社を超える実績。3年で10億ドルの売り上げ

 シスコのUCS(Unified Computing System)とスイッチ、EMCのストレージを組み合わせ、VMwareの技術をベースにした仮想インフラストラクチャをワンストップで提供するのが、Vblockだ。VMwareとインテルの出資を受け、シスコとEMCが設立したVCE Companyによって、Vblockが市場に送り出され、すでに4年。“元祖統合型システム”として市場を切り開いてきたVblockの導入実績は確実に高まっている。

米VCE Company,LLC プロダクトマネジメント・マーケティング担当 バイスプレジデント ジェイミー・アーブス氏

 Vblockを展開する米VCE Company,LLC プロダクトマネジメント・マーケティング担当 バイスプレジデントのジェイミー・アーブス(Jamie Erbes)氏は、「導入企業はすでに800社を超え、さまざまな業種で使われている。3年で10億ドルの売り上げを達成し、成長カーブはさらに高まっている」とアピールする。

 急速な成長を遂げた背景には、やはり統合型システムの認知度が高まってきたことがあるという。アーブス氏は、「製品が登場した2010年当初、そもそも(シスコ初のサーバーである)Cisco UCS自体の認知度が低かったし、お客様の信頼を得るのにも時間がかかった。しかし、UCSがなにかという説明はもはや必要なくなっている」と語る。UCSの普及に歩調を合わせることで、Vblockの価値も訴求できたわけだ。

 現在もVblockのポートフォリオも拡大しており、汎用用途を想定した機種(Vblock 100/200/340/740)に加え、SAP HANAなど特定アプリケーション用のシステムも提供している。これらの製品には、「VCE VISION Intelligent Operations」というフレームワークが組み込まれており、プラグインを介して、EMCやシスコ、CAやBMCのツールから統合管理できる。

汎用クラウドと特定アプリケーションに向けたVblockのポートフォリオ

他の統合型システムとどこが違う?

 とはいえ、現在も統合型システム自体の定義が定まっているわけではない。日本でもベンダーによって、さまざまな呼び方が行なわれ、製品のコンセプトも微妙に異なる。だが、調査会社のガートナーによれば、これら統合型システムは、アプリケーション専用アプライアンスの「統合スタックシステム(Integrated Stack System)」(ex. Oracle Exadata)、ベンダー推奨構成を提供する「統合リファレンスアーキテクチャ(Integrated Reference Architecture)」(ex. VSPEX、FlexPod)、そして「統合インフラストラクチャシステム(Integrated Infrastructure System)」(ex.HP Converged System、IBM PureSystem)の3つに分類できるという。アーブス氏によると、Vblockは統合インフラストラクチャシステムのジャンルで、過半数のシェアを誇るトップ製品だという。

統合インフラストラクチャシステムの分野で高いシェアを誇るVblock

 Vblockでは、導入スピードとダウンタイムの削減などのメリットが得られる。IDCの調査によると、既存システムに比べ、導入スピードで4倍速く、ビジネスの変化に迅速に対応できるという。また、徹底したテスト・検証とリリース管理を進めた結果、ダウンタイムも96%削減。導入時間や障害対応の時間と手間を短縮することで、コストも削減でき、新しいIT投資に充てられるという。

 一方で、他の統合型システムにはいくつかの弱点がある。アーブス氏は、「スタックシステムはアプリケーションに特化したハードウェアなので制約が多く、運用管理もサイロ化しやすい。リファレンスアーキテクチャは料理の調理法を書いたレシピのようなものだが、レシピを見ても間違える人はいる。リリース管理がないのも弱点だ」と指摘する。

(次ページ、安定し成長し続けるVblockの秘密)


 

前へ 1 2 次へ

ピックアップ