このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

アスキー・ジャンク部リターンズ 第55回

4000mgのマカが元気の源になるか?

チェリオブランドの底力! 強烈エナドリ「ライフガードX」

2014年05月23日 17時00分更新

文● アスキー・ジャンク部リターンズ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

味も香りもちょっと独特!
チェリオコーポレーションらしいインパクト

スピーディー末岡もコジマも、少年時代に愛したはずのチェリオ飲料。エナジードリンクはどうか

 結論から言ってしまうが、「チェリオ」を飲み慣れている人なら納得の、ちょっと独特な味が堪能できるエナドリだ。缶を開けた段階で、まず不思議な匂いに驚くはず。肝心の味も、「ライフガード」シリーズをエナドリっぽくした感じというか、なかなかケミカルなものになっている。

 それでいて、漢方薬のような後味もあり、実に刺激的。推測だが、やはりうたい文句になっているマカが味の決め手になっているのだろうか。さすがはチェリオコーポレーション、エナドリでも個性的な商品を出してきたものだ、と思わずうならされてしまう。エナドリ好きなら一飲の価値はあるだろう、インパクト大な一本に仕上がっていると感じた。

「これは変わった味だね! 漢方薬っぽいけど、マカの味なのかな。でも『ライフガード』っぽさはあるね」

「味も香りも独特で、まさしくチェリオ、といった感じ。好き嫌いは別れるかもしれませんが、飲む価値はありますよ」

 しかし、この手の味が苦手な人は受け付けにくいだろうし、他のエナドリは我慢できても、これはちょっと……という人がいてもおかしくはない。それほど、変わった風味ということだ。ジャンク部的には評価は高いが、ASCII.jp編集部員に飲ませてみたところ、思わず水を飲んで口直しした人もいたほど。愛好家以外には、ちょっと勧めにくいかもしれない。

評価は「×」……ではなく、個性的な味にスピーディー末岡は気合の「エックス」ポーズ。商品名にちなんだと思われるが、突然のアピールにコジマは困惑

 というわけで、今日のジャンク部はチェリオのライフガードXでした。ごちそうさまでした。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ