このページの本文へ

最大5TBモデルを用意

東芝、クラウド向けの3.5インチHDD「MC04ACA」

2014年05月22日 20時08分更新

文● 笛木/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

東芝初となるクラウド向け3.5インチHDD「MC04ACA」

 東芝は5月22日、クラウド向けという3.5インチHDD「MC04ACA」シリーズを発表した。5月末から量産出荷を開始する。

 「MC04ACA」シリーズは、6Gbit/sのSATAインターフェースを持ち、年間180TBのデータ転送が可能という製品。クラウドサーバーやストレージシステムへの用途を目的としており、クラウドコンピューティングで使用されるデータの保存に適しているという。

 また、容量は5TB、4TB、3TB、2TBまでをラインナップしており、回転数は7200回転/分、1TBプラッタを採用している。バッファ容量は128MB。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン