このページの本文へ

電通が業務提携、写真共有SNS「Pinterest」の普及支援

2014年05月22日 06時00分更新

文● 加藤 宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 電通は22日、米国発の写真・動画共有サービス「Pinterest(ピンタレスト)」を国内で展開するピンタレスト・ジャパンとの業務提携を発表した。

 Pinterestは、手持ちやネット上で見つけ出した写真・動画をコレクションし、ネット上で公開・共有できるサービス。壁掛けのボードにお気に入りの写真をピンでとめて部屋に飾るように、Pinterest上に開設した自分のボードに写真・動画を「Pin(ピン)」する=貼り付ける仕組みとなる。

 ボードはテーマごとに何枚かにわけて管理することが可能で、他のPinterestユーザーのボードを閲覧し、気に入ったものがあれば自分のボードにピンしたり、他のユーザーやボードを「フォロー」したりできる機能もある。写真・動画を中心としたSNSとして、世界で月間利用者数6000万人以上(comScore調べ、2014年1月)にのぼるという。

楽天サイトに開設されている「Pinterestガイド」
楽天サイトに開設されている「Pinterestガイド」

 Pinterestに対してはすでに、楽天が2012年5月に出資し、日本での事業・サービス展開を支援。同年7月には総合旅行サイト「楽天トラベル」と料理レシピ投稿サイト「楽天レシピ」において、画像をPinterestに収集・共有できるようにする「Pin It」ボタンを導入している。昨年10月に日本法人のピンタレスト・ジャパンが設立され、翌11月から日本語版がスタートすると楽天のPinterestへの事業展開も進展。4月10日より楽天レシピのPCサイトおよびスマホサイトにレシピピン機能を導入した。これは、日本国内における法人アカウントとして初の事例となる。

ネスレ日本のPinterestアカウント
ネスレ日本のPinterestアカウント
VOGUE JAPANのPinterestアカウント
VOGUE JAPANのPinterestアカウント
Oishii JAPANのPinterestアカウント
Oishii JAPANのPinterestアカウント

 食品・飲料メーカーのネスレ日本やファッション誌「VOGUE JAPAN」など、Pinterest公式アカウントを開設する企業は徐々に増えつつある。農林水産省も、日本の優れた食材や飲料などを海外にPRする事業「Oishii JAPAN」にPinterestを採用している。電通はピンタレスト・ジャパンの戦略的パートナーとして、日本でのPinterestの活性化を支援するとともに、広告主や媒体社に対してPinterestを提案していく。

■関連サイト

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画