このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

スマホで始める「音楽アプリ部」 第46回

一味違うボイスレコーダーアプリ「TapeMachine」

かゆいところに手が届くレコーダーアプリで、曲作りも捗るかも?

2014年05月25日 12時00分更新

文● ノッツ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

かゆいところに手が届く
細かい機能や設定が最大の特徴!

inputをタップするとマイク入力感度設定。右のAuto gainは、入力感度を自動で合わせてくれる便利機能! しかし録音状況によりけりなので、場合によっては自分で調整しましょう

アンぽん それでは、機能を見ていきましょうか。まず「Input」タブと「Output」タブをそれぞれ押してみてください。

ノッツ おお、Inputタブで、マイクの入力感度が細かく設定できますね。これなら音が小さすぎたり逆に大きすぎて歪んでしまうこともないですね。スタジオ練習の時とかは感度をグッと下げればいいですね。Outputのタブの方での再生速度の調整も便利だなあ。例えば録音したインタビューを再生する時に、早口な箇所をゆっくり再生することもできるわけだ。

Outputをタップすると再生速度を調整できます。会話をゆっくり再生したり、男声を女声にして遊んだり、はたまた耳コピや楽器練習にも使えそう

アンぽん 続いては「Select」タブを押してみてください。これで、録音した波形の任意の場所を選択し、カットしたりコピー/ペーストしたりと、波形のエディットができます!

Selectをタップすると波形の任意の箇所を選択できます。範囲開始場所に移動して左が青のアイコンをタップし、範囲終了場所に移動して右が青のアイコンをタップすれば選択完了です

カット、コピー、ペースト、選択箇所以外を消去するクロップなど、選択した箇所をエディットできます。また、エクスポートで選択箇所の音声データを書き出すことも可能

ノッツ ひととおりの波形処理が出来る上に、数種類のエフェクトも用意されてるんですね。とくに自動的に音を最大化してくれる「Normalize」は、うっかり録った音が小さかったときにはいいですね!

エフェクトは「Normalize」の他に、音を増幅する「Gain」、選択範囲で段々と音を大きくする「Fade in」、逆に小さくする「Fade out」、そして音を逆再生する「Reverse」もあります

アンぽん Selectで波形を選択すると、エディットやエフェクトをかける処理の他にも、再生ボタン長押しでその範囲のループ再生もできるので、何度もくり返し再生して確認する作業に便利ですよ。

ノッツ それもうれしい機能です! ……お! タイムマーカーもあるんですね。これで、マーキングすれば早送り・巻き戻しボタンですぐそのマークのところまで移動できる。再生がやりやすいですねー。気軽にどんどん録音したくなります。スマホを横に置きつつ原稿して、メロディーが思いついたら鼻歌とかを録音していけば、曲の骨組みがすぐできたりしちゃうかも!?

タイムマーカーボタンを押してマーキングが可能。マークしたところを消すのは、タイムマーカーボタンを長押しです

アンぽん そして、録音した波形ファイルはすぐ共有もできますからね! 大事な録音データをすぐDropboxにアップロードすることだってできるわけです。

Shareボタンを押せば様々なサービスとの共有ができる。環境音などを録音し、Dropboxに送って他のDAWソフトで使用する…という使い方もアリかもですね

ノッツ ちなみにこのアプリ、Lite版もあるんですね(Google Playで見る)。

アンぽん ただ、Lite版は一つのファイルの録音可能時間が1分までなのですが……。それで十分だという方や、まずはどんな感じが試してみたい! と言う方は、そちらから試してみてはいかがでしょうか。

ノッツ やー、欲しい機能が用意されてる上に、操作しやすい。すごく気さくな印象の録音アプリでした! ただ録音してファイルが残るだけのシンプルなボイスレコーダーアプリもいいですけれど、録音した音が実際に波形で表示されるのはやっぱり安心感がありますね。

アンぽん エディット機能も使いやすいですから、たとえば出先でインタビューなどを録音したときも、帰りの移動時間に必要ない部分をカットすれば、帰ってからのテープ起こしも速くなりますよ。

ノッツ おお、漫画家の仕事もはかどってしまうわけですね!

アンぽん このかゆいところに手が届く録音アプリで、メロディーやアイデアを思いついたらどしどし録音していってくださいね。それらのメモが集まって、新曲となって結実する日が……。

ノッツ 来る! ……3年後ぐらいに。

アンぽん どんだけメロディーを録り溜める気だよ! もっとがんばれよ! こういうアンタのダメな発言こそ録音して、定期的に聞かせては反省を促したいよ! それでは、今回はこれくらいで……。

ノッツ

著者近影

 地元の工場で働きつつ自宅録音ひとりバンドKNOTSとして音楽活動をしていたが、宅配ピザ屋すらない田舎っぷりに限界を感じて上京。ピザを食べながら東京で音楽活動を本格化させると思いきや、なぜか最近マンガやイラストでの活動が主になっている。マンガは現在、音楽誌サウンド・デザイナー『たくろくガールズ』、まんがタイムきららMAX『ソラミちゃんの唄』、月刊IKKI『SONGBOOK』を連載中。単行本は『クルミくん NO FUTURE』『ソラミちゃんの唄(1)』が発売中。

ウェブサイト
Twitter

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン