このページの本文へ

Google Payday Loans アルゴリズムの影響は英語クエリの0.2%

2014年05月22日 06時02分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

米Google は2014年5月21日(日本時間)に発表したPayday Loans(ペイデイローン)アルゴリズムのアップデートについて、英語クエリでは一般ユーザーが気がつく程度でおよそ0.2%に影響があると述べた。

Payday Loans アルゴリズムは既報の通り、一部の金融関係や人材関係のキーワードのような、比較的スパムが横行している検索結果の改善を目的とした、スパム排除のアルゴリズム更新。最初の Payday Loans アルゴリズムは2013年6月に実施されているので、今回は通算2回目、つまり Payday Loans 2.0 となる。前回は米国内のクエリのおおよそ 0.3%、一方でトルコでは 4% のクエリに影響するなど、米国外の国(≒英語以外)での影響が比較的大きかった。今回も一部の過剰な SEO やブラックハットが蔓延しているクエリでの検索ランキングが大きく変動していることが観測されている。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く