このページの本文へ

Amazonギフト券が贈呈品として本格化するか

2014年05月20日 06時01分更新

文● 加藤 宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモは19日、店に入るだけで「star」と呼ばれるポイントがもらえるAndroidスマホ/iPhone向けアプリ「ショッぷらっと」のiBeaconトライアルを開始した。

iBeaconで「ショッぷらっと」提携店に近づくと案内を受けられるイメージ
iBeaconで「ショッぷらっと」提携店に近づくと案内を受けられるイメージ

 同アプリは、「ショッぷらっと」提携店に入店した際にアプリを起動し、チェックイン操作を行えばだれでもポイントを貯められるというもの。貯まったポイントは商品券やギフトクーポンなどと交換して利用できるが、スマホユーザーの来店をうながす施策として、提携店にもメリットがある。NTTドコモ以外のスマホでも利用できるキャリアフリーのサービスとなる。

 このたび「ショッぷらっと」はアップルの新通信技術iBeaconに対応。19日から7月31日まで、東京と神奈川の12店舗でiBeaconを利用したトライアルを開始した。iBeaconは、入店時にチェックイン操作が不要になるなどの特徴を持つ。対応機種はiOS7以降のiPhone 5s/5c/5。トライアルに参加するとユーザー特典として、期間中毎週20名に1000円分のAmazonギフト券がプレゼントされるほか、アンケートに回答すると100starがもらえる。

 今回の「ショッぷらっと」のトライアルは、新技術のiBeaconを使ってスマホを集客に活用する事例として話題を集めているが、別の見方から注目したいのは、特典にAmazonギフト券が用いられていること。実はここ数年、こうした特典のほか各種キャンペーンのプレミアムやノベルティ、記念品、謝礼などでAmazonギフト券を贈呈するケースが増えている。そこに目を付けたのが図書印刷だ。

オリジナルデザインを印刷できるAmazonギフト券のイメージ
オリジナルデザインを印刷できるAmazonギフト券のイメージ

 図書印刷は15日、Amazonギフト券の発行会社である Amazon Gift Cards Japanと、Amazonギフト券のオリジナルデザインカードの製造・販売契約を締結した。Amazon Gift Cards Japanが同契約を行うのは国内初で、図書印刷は法人向けにオリジナルデザインのAmazonギフト券を提供する。

 贈呈品といえば、デパートの商品券やビール券、図書券をはじめ、オリジナルデザインのテレホンカードやクオ(QUO)カードなどがこれまでは主流だった。今後は、各種キャンペーンや新商品・サービスのロゴをデザインしたものなど、さまざまなオリジナルデザインが印刷されたカードサイズのAmazonギフト券が、数多く登場するのかもしれない。

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画