このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

初夏のデジカメ新製品を徹底チェック!第4回

「LUMIX」「α」「PowerShot」などの最新撮影機能をチェック!

2014年05月20日 15時55分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

広角24mmからの20倍ズームレンズを搭載
パナソニック「DMC-TZ55」

パナソニック「DMC-TZ55」

パナソニック「DMC-TZ55」

 今回のラインナップの中で一番コンデジらしいコンデジだろう。それでも光学20倍ズームを採用し、自分撮りも可能なチルト機構を備えた液晶を採用しているなど、実用性の高い機能が備わっている。

 レンズは35mm判換算で広角24mmから480mm相当の20倍。広角側が24mm相当というのは地味に嬉しい仕様だ。レンズシフト式の手ブレ補正を内蔵し、望遠側の撮影でも結構安心感がある。

 最短撮影距離はマクロモードに切り替えれば広角側で3cm、望遠でも100cmとそこそこまで寄れる。撮影モードはオートが主体で、シーン認識をしてくれる「おまかせiA」モードが備わる。

 HDR機能やエフェクト系の撮影モードも備わるほか、シャッタースピード優先や絞り優先のマニュアル露出も可能。意図的に絞りやシャッタースピードを変えて写真撮影を楽しむことができる。

 小型なボディーに高倍率ズーム、自分撮り可能な液晶など、気軽な撮影やファミリーユースにも適しているだろう。

「クリエティブコントロール」で撮影(左上はノーマル)。コントラストが上がってちょっと劇的な雰囲気になる「インプレッシブアート」(右上)や、十字の光がキラキラする「クロスフィルター」(左下)、選択した色だけが残る「ワンポイントカラー」(右下)など、楽しい機能がそろっている

同じくクリエイティブコントロールのジオラマで撮影。背景をぼかすような使い方もできる

同じくクリエイティブコントロールの「ジオラマ」で撮影。背景をぼかすような使い方もできる

若干ノイジーではあるが、1/2.33型という小さい素子サイズとは思えないほど解像力が高い。遠景の葉っぱの1枚1枚までしっかりと再現されている

若干ノイジーではあるが、1/2.33型という小さい素子サイズとは思えないほど解像力が高い。遠景の葉っぱの1枚1枚までしっかりと再現されている

■Amazon.co.jpで購入

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン