このページの本文へ

推測変換が部分一致にも対応、辞書共有などのクラウドサービスも提供する

最大40%高速化した「ATOK 2014 for Mac」、カレンダー連携で日付変換中の予定確認も!

2014年05月27日 11時00分更新

文● 松野/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Mac用日本語入力システム「ATOK 2014 for Mac プレミアム」

 ジャストシステムは5月27日、Mac用の日本語入力システム「ATOK 2014 for Mac」を発表した。6月20日にパッケージ版/ダウンロード版を発売し、月額制の「ATOK Passport」上でも提供する。

 「文字入力のストレスフリーを徹底追及」というコンセプトのもと、2月に発売したWindows版をもとに独自の機能を加えた製品となる。「アクセルモード」を搭載し、Macのスペックに応じてATOK側で設定を最適化することで、最大40%の高速化(同社従来比)を実現しているという。

 従来製品では前方一致のみに反応していた推測変換を部分一致にも対応させ、誤入力の際にも適切な候補を選択できる。「コンプライアンス」「ディスクロージャー」のようなカタカナ語に日本語の言い換え候補を提示する校正支援機能も搭載し、読み手への配慮が必要な場合の言い換えも容易だ。桁数の多い数値を変換した場合には、3ケタ区切りになった候補を提示するほか、漢字によるケタ表記(1兆まで)を小さく表示する補助機能を備える。

 Mac版独自の機能として、カレンダーアプリとの連携を実現している。日付を変換すると自動的にスケジュールを参照でき、iCloudを設定していればiPhoneやiPadと同期したスケジュールも参照する。メールの作成時などに予定のブッキングを避けられるため、ビジネスでMacを利用するユーザーには特に便利な機能だ。本機能はOS X 10.8以上で利用可能。

一部機能を制限したベーシック版(左)、「ATOK 2014 for Windows」を同梱した5000本限定のMac+Windows版(右)

 また、クラウドサービスも提供。ユーザーが登録した辞書をクラウド上に保存して複数のデバイスで共有できる「Syncアドバンス」、話題になっている最新のキーワードを自動更新する「キーワードExpress」のほか、月額版のATOK PassportではWeb上の辞書で推測変換が可能な「クラウド推測変換サービス」も提供する。

 プレミアム版では電子辞書との連携を実装しており、ユニークな解説で人気を博した「新明解国語辞典 第七版」に加え、「ジーニアス英和辞典 第4版」、「ジーニアス和英辞典 第3版」を収録。また、ベーシック版のクラウドサービスに加えて8ヵ国語のクラウド翻訳変換も無料で利用でき、さらにATOK Passportではクラウド辞書サービス、クラウド文章校正サービスにも対応する。

 価格はベーシック版が1万584円、プレミアム版が1万4450円、5000本限定のMac+Windows版が1万3824円。既にATOK製品を購入し、製品登録済みのユーザーには直販限定のAAA優待版が特別価格で提供される。こちらの価格はベーシック版が5400円、プレミアム版が9720円、Mac+Windows版が8640円となる。また、Windows、Mac、Androidで利用可能な月額制のATOK Passportは通常版が月額308円、プレミアム版が月額514円だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中