このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

アスキー・ジャンク部リターンズ 第53回

名前も味も意味不明な「DAIJYOUBU」にノックアウト

謎すぎる台湾のエナドリに挑戦! 本当に飲んで「大丈夫」!? 

2014年05月17日 17時00分更新

文● アスキー・ジャンク部リターンズ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

何がどう大丈夫なのか!?
ツワモノ2人もコメントに困る謎の味

いつも通りに見えて、未知のエナドリにかなりテンションが上がっている2人。味の感想やいかに?

 気になるDAIJYOUBUの味なのだが、これが何というか、実に説明しにくいのだ。いわゆるエナドリっぽい味の範囲ではあるのだが、妙な甘みもあり、漢方薬系の香りもあり、後味がなぜかカルピスっぽくもありといった感じで、とにかく表現しづらい。

 世界中のエナドリを飲んでいるスピーディー末岡、独特な味の飲料を愛するコジマでさえ、「何と表現していいのかわからない……」と首をひねるテイスト。ジャンク部で数々のエナドリを飲み干してきた2人が言葉に困ることから、いかにDAIJYOUBUが不思議な飲み物であるかがなんとなくわかるだろう。

この2人のリアクションが参考になるだろうか。「まずい!」というわけではないのだが、とにかく今までに飲んだことがない味わいではある

 ここまで読んで「全然“大丈夫”じゃないじゃん……」と思った人もいるかもしれないが、「すごくまずい」というわけよりは、「すごく変わっている」といった感じなので、飲めるかどうかと言われれば、飲める。この手のドリンクが好きなら、台湾に行かれた際にはぜひチェックしてみてほしい。

台湾製のRed Bullはグローバル品に準拠
エナドリはプロデューサーなら必飲?

 残りの2本についても触れよう。まず台湾製のRed Bull。そもそもRed Bullは国によってそれぞれ分量・成分の違いがあり、海外で一般的に流通しているものは、日本向け製品と味わいが異なるものになっている。

 台湾のものは「原産地:奥地利(※オーストリア)」と缶に記載されており、いわゆるグローバル品と同じ味になっていると推測される。日本向けとの違いは、やや酸味が強いことと、後味がかなり甘く感じることだ。

缶のデザインはもちろん、色も日本向け製品に近い。飲むまで違いはわからないと言ってもいいかも

ただ、飲み比べると違いはわかる。スピーディーは「酸味」が、コジマは「甘み」が強いとコメント

 エナジードリンクは、グッドスマイルカンパニーが、「アイドルマスターシンデレラガールズ」のゲーム内アイテム「エナジードリンク」を再現したもの。エナドリとは言うが、炭酸が入っていないのが大きな特徴。味としては「リポビタンD」のようなものを想像してくれれば間違いない。多くの人に抵抗なく飲めそうな味わいになっている。

ちょっと小さめ(190ml)の缶。炭酸がないのが大きなポイントだ。色は清々しいぐらいに真っ黄色

2人とも口をそろえて「リポビタンD」っぽい味と評した。飲みやすいといえば飲みやすい

 というわけで、今日のジャンク部はエナジードリンク3種類でした。ごちそうさまでした。

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ