このページの本文へ

Tポイントとヤフー、世田谷区の3商店街に「Tポイント」導入

2014年05月16日 01時29分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

利用イメージ Tポイント・ジャパンとヤフーは5月18日、東京都世田谷区祖師谷の3つの商店街にて、共通ポイントサービス「Tポイント」を用いた地域活性の取り組みを開始する。

 この取り組みは、小田急線祖師ヶ谷大蔵駅周辺の3つの商店街(祖師谷みなみ商店街、祖師谷商店街、祖師谷昇進会商店街)で構成される、通称“ウルトラマン商店街”に「Tポイント」を導入し、集客に課題を抱える商店街の活性化につなげるもの。開始当初の提携店舗数は41店舗で、順次拡大していく予定。

 具体的には、「Tポイント」導入に賛同した各店舗に「Tポイント」専用端末「T-UNIT3」を設置。商店街利用客が「Tカード」を提示して買い物をすると「Tポイント」が貯まって使えるほか、さまざまな特典が得られる仕組みを提供する。

 また今回、Yahoo! JAPANは同取り組みをより充実させるために、新たに商店街向けのスマートフォンアプリ「Y!トク from Yahoo! JAPAN(仮称)」を開発し、7月1日に提供を開始。商店街利用客は同アプリをインストールすることで、「Tポイント」を貯めるごとに「くじ」がひけたり、プレゼントがもらえる「スタンプ」を得ることができる。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く