このページの本文へ

計9シリーズ10機種を発表

12.5型タブレット「ARROWAS Tab」が手のひら静脈認証対応-富士通企業向け新製品

2014年05月14日 21時26分更新

文● 笛木/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通は5月14日、企業向けタブレットや、ラインナップを一新したシンクライアント、ゼロクライアントのほか、デスクトップやワークステーションなど計9シリーズ10機種を発表した。同日より順次販売開始する。

手のひら静脈認証センサー搭載の「ARROWS Tab Q704/PV」

 新発売の「ARROWS Tab Q704/PV」は、Windows 8.1 Proと最新の第4世代CPU Core i5-4300U(1.90GHz)を搭載した12.5型ワイドタブレット。手のひら静脈認証センサーや、リモートデータ消去ソリューション「CLEARSURE 3G/LTE」にも対応し、より安全なモバイル運用を実現するという。

「FUJITSU Software Systemwalker Desktop Patrol」をインストールしたシンクライアント「FUTEO S720」(左)、「FUTEO ME734」(中央)、「FUTEO MA574」(右)

 シンクライアント端末では、デスクトップ型の「FUTRO S720」、モバイルノート型の「FUTRO ME734」、A4ノート型の「FUTRO MA574」を新発売。3機種すべてに、周辺機器のICT資産全体をセキュリティ管理と資産管理の両面で一元管理することが可能だという、統合運用管理ソフトウェア「FUJITSU Software Systemwalker Desktop Patrol」をプリインストールしている。

同社初の販売となるデスクトップ型ゼロクライアント「FUTRO L420」

 また、OSもCPUもストレージも持たないデスクトップ型ゼロクライアント「FUTRO L420」を同社で初めて販売。「FUTRO L420」は、簡単な仮想環境へのアクセスや端末側に一切データを保存しないなどの、セキュリティ性やメンテナンス性の高さが特長とのことだ。

Windows 8.1 Proを搭載し、省スペースに優れた企業向けデスクトップ「ESPRIMO Q520/J」(ディスプレーは別売り)

 企業向けデスクトップPC「ESPRIMO」のラインナップには、Windows 8.1 proを搭載し、省スペース性に優れているというウルトラスモールモデル「ESPRIMO Q520/J」、ハイエンドモデル「ESPRIMO D753/J」、多機能モデル「ESPRIMO D583/J」をラインナップに追加。

 また、ワークステーション「CELSIUS」では、BTPでXeon E3-1200v3 製品ファミリーを搭載可能なミニタワー型の「CELSIUS W530」、およびコンパクト型の「CELSIUS J530」を追加した。

 価格および、提供開始時期は以下の通り。

プレスリリースより



【640*100】OUTLET
 

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人
  • 富士通
  • 富士通

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK MH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK LH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通