このページの本文へ

REDEFINEは成功したか?EMC WORLD 2014レポート第6回

日本のビジネスイベントとちょっと違った雰囲気を味わう

EMC WORLDの展示会場に学ぶ米国流ITイベントの作り方

2014年05月13日 06時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

TECH.ASCII.jpのオオタニがEMC WORLDに参加するのも、今回で3回目になるが、今まで書いてきた記事は基調講演やセッションのレポートがほとんどで、展示会場を紹介したことがない。ここでは“まさに米国ならでは”という華やかな展示会場の模様を紹介する。

米国のイベントの展示会場ってこんな感じ

 EMC WORLDの会場となっているのは、ラスベガスの目抜き通りであるストリップに面したTHE VENETIANとTHE PARAZZOという巨大なホテルの間に位置するイベント施設。地図を見ると「VENETIAN/PARAZZO CONGRESS CENTER」と「SANDS EXPO」となっている。1万人規模の聴衆が入れる広さを持っているイベント施設は、さすがの米国でもそれほど存在してないようで、大規模なITイベントはこのSANDS EXPOかサンフランシスコの「MOSCONE CENTER」で行なわれる(……と、ほかの記者の人が言っていた)。PARAZZOに滞在しているわれわれ記者は、会場とホテルの間を一日何往復もすることになる。

 さて、オオタニの記事だけ読んでいるとセッションばかりのように見えるが、EMC WORLDでは、広大なイベントスペースを活かした「SOLUTION ARCADE」という展示会が行なわれている。EMCの各製品を紹介するブースはもちろん、VMware、Pivotal、RSAなどのいわゆるフェデレーション(連合)のブース、シスコやブロケードなどのパートナーブースがところ所狭しと並んでいる。各ブースとも気合いの入っているので、写真で見てもらいたい。

今年のテーマである「REDEFINE」がデカデカと掲げられたSolution Arcadeの入口
アメリカ人は車やバイクが大好き。ということで、スケールアウトNASのIsilonブースではバイクのゲームで遊べる性能アピール最優先の「XtremIO」ブースでは、当然スーパーカー。DSSDが製品化されたら戦闘機でも展示されそう
左側のXtremIOにはドル札が詰め込んである。5月5日に発表された「XtremIO 100万ドル保証」にあわせたギミックパートナー専用の構成を自由に作れるVSPEXに「VSPEX for XtremIO」が近々仲間入りするようだ
VNXブースではEMCのカスタマーとして表彰されているレーシングチームのロータスが、レースカーの実物を披露
なんと金と赤をあしらったロータスバージョンのベゼルを持つ「VNX 5400」が展示!ラックに入れるのがもったいないさりげなく展示されていた新モデル「VNXe 3200」。見逃しませんよ~
Software-Defined Storageの要であるViPRブースは、クラシックゲームがテーマ。もちろんブースで遊べますAvamarやData Domain、Networkerなどのデータプロテクションブースは音楽がテーマ。エアー楽器で遊べます
48時間でハイブリッドクラウドを作るぜプロジェクト。もちろん3日目に訪れたときには完成していましたEMCのイベントなので当たり前だが、会場のあちこちにEMCストレージやVBlockなどが並ぶ
VBlockのラックに入っているのはタッチパネルモニター。タップすると、各コンポーネントの仕様や説明が出てくる。新製品のECS(Elastic Cloud Service)アプライアンスのものもあり、「これはマーケティングバージョンだ」と言われていたっけ
会場の外では、いわゆる「人をダメにするイス」でセッションが視聴できる。いったん埋まると、もはや元に戻れません……

 と、このように会場では、車やバイク、ゲーム機が並び、スマホのスナップとツイートを想定したパフォーマンスや奇妙な展示物があちこちで披露されている。正直、「製品と全然関係ないやん!」と思うところもけっこうあるのだが、お祭りのように、主催者側も、参加者側も楽しんでいる。もちろん、見るからにお金もかけているし、豪華プレゼントやノベルティの効果もあるが、ブースでの盛り上げ方がとてもうまい。結果的に、セミナー聴講や名刺やリード獲得につながっているように見えた。

 対して、日本のビジネス系イベントは、やたら堅苦しく、ブースに立ち寄りにくい。コンパニオンのお姉さんが、バーコードリーダーを持って待ちかまえる一方、ブースで立っている人には“聞かれたら答えます”的なサラリーマンのお勤め感が漂う。正直、声をかけずらいのが事実だ。今回、改めて海外ベンダーの展示会をブラウズし、「真面目なことを楽しくやる」このノリを少し見習ってもいいかなと思った。

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ