このページの本文へ

BDの選択も可能になった、世界最軽量(※)ハイブリッド・モバイル

本当のビジネスをしたい人に向けた、新レッツノート MX3を検証

2014年05月20日 11時00分更新

文● 編集部、写真●小林 伸

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ついにBlu-ray Disc搭載機が登場、スマホ連携などソフトも進化


 ハード面では、店頭向け標準モデルのCPU(Core i5)のクロック周波数が向上、Web直販モデルはCore i5/Core i7とも従来より高いクロック周波数となった。また店頭・Web直販モデルともにBlu-ray Discドライブ搭載機が選べる。

ついにBlu-ray Discドライブ搭載モデルが追加された

 さらにより軽さを追求する人向けにドライブレスモデルを用意し、Web直販モデル限定でWiMAXではなくLTE(Xi)搭載モデルを選べたり、スリープ状態でも通信を維持しメールやSNSの更新確認ができるInstantGo対応の春モデルも継続販売する。

レッツノート MX3(店頭モデル)の主なスペック
製品名 Core i5
SSD 128GB
モデル
Core i7
SSD 256GB
モデル
型番 CF-MX3
JEKJR
CF-MX3
JEBJR
CF-MX3
JEGJR
CF-MX3
VEWBR
CPU Core i5-4310U
(2.0GHz)
Core i7-4500U
(1.80GHz)
メモリー 4GB 8GB
SSD 128GB 256GB
画面 12.5型タッチパネル(1920×1080ドット)
光学ドライブ DVDスーパーマルチ Blu-ray Disc
駆動時間
(JEITA 2.0/1.0)
約10時間
/約15時間
約9.5時間
/約14.5時間
無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac
モバイル通信 WiMAX
ウェブカメラ フルHD対応
質量 約1.118kg 約1.198kg 約1.198kg 約1.238kg
OS Windows 8.1
Update
Windows 8.1
Pro Update
Office Office 2013
カラー シルバー
レッツノート MX3(直販モデル)の主なスペック
製品名 Core i5
SSD 256GB
Core i5
ドライブレス
プレミアム
Core i7
SSD 512GB
プレミアム
Core i7
WWAN
(LTE)
プレミアム
Core i7
InstantGo
(春モデル)
型番 CF-MX3
JEDBP
CF-MX3
JETBP
CF-MX3
KEHBP
CF-MX3
KFHBP
CF-MX3
HDXBP
CF-MX3
JEMBP
CF-MX3
KERBP
CF-MX3
KFRBP
CPU Core i5-4310U vPro(2.0GHz) Core i7-4600U vPro(2.10GHz)
メモリー 8GB
ストレージ SSD 256GB SSD 512GB
画面 12.5型タッチパネル(1920×1080ドット)
光学ドライブ DVDスーパーマルチ ── Blu-ray Disc DVDスーパーマルチ
駆動時間
(JEITA 1.0/2.0)
約9.5時間
/約14.5時間
約10.5時間
/約15.5時間
無線LAN IEEE 802.11
a/b/g/n/ac
IEEE 802.11
a/b/g/n
WAN WiMAX LTE(Xi)
質量 約1.198kg 約1.118kg 約1.238kg 約1.245kg 約1.210kg
OS Windows 8.1 Pro Update
Windows 7 Professional
Windows 8.1 Pro
Office 選択可能
カラー シルバー
ブラック
シルバー シルバー
ブラック
シルバー
ブラック
ブラック

 細かな違いとなるが、これらスペック面でのポイントに加え、Web直販モデルでSSD 256GBを選んだ場合でもジェットブラックを選べるようになった点を喜ぶユーザーがいるかもしれない。

堅牢でありながら軽量なボンネット天板はレッツノートのアイデンティティーと言える

ACアダプターも長さ10cm以下と、小型かつ軽量。数日の出張も苦にならない

 第1世代機が出たときに紹介したレッツノート MX3シリーズならではのこだわり(関連記事)はもちろん継承。偏肉構造で薄さ・軽さ・耐久性を維持した天板や新素材UHD合金のトップカバーなど筐体面でのこだわりは変わらない。

カテゴリートップへ