このページの本文へ

BUFFALO「BSMBU17」

BlueLEDセンサー採用の静音スイッチ搭載マウス

2014年05月10日 22時37分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 バッファローから、静音スイッチを採用するBlueLEDマウス「BSMBU17」シリーズが発売された。インターフェイスがUSBのワイヤードタイプの製品だ。

静音スイッチを採用するBlueLEDマウス「BSMBU17」シリーズがバッファローから登場。センサーには高感度BlueLED方式を採用している

 「BSMBU17」シリーズは、左右ボタンに静音スイッチを搭載。通常のマウスと変わらないクリック感がありながら、静かな場所でもカチカチという音が気にならない静かなクリック音を実現した。ただし、サイドボタンに静音スイッチは搭載されていない。

 サイズは75(W)×107(D)×39(H)mm、重量約95g。センサーには高感度BlueLED方式を採用。従来の光学式やレーザー式では難しかった透明なガラステーブル、透明シートの上の操作が可能になった。そのほか、分解能は1000dpi/1600dpiで、マウストップ部にDPI切り替えボタンを装備。カラーは全6色が用意されてるが、そのうち発売を確認したのはブラックとピンクの2モデルだ。
 価格は東映ランドで1480円。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中