このページの本文へ

iPhoneで撮った思い出写真を手軽に共有するならこのアプリ

2014年05月15日 14時00分更新

文● らいら(@lyrahm

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ゴールデンウィークに家族や友人と出かけて、iPhoneで大量の写真を撮影した人は多いだろう。思い出はぜひ分かち合いたいものだが、写真の共有方法が悩ましいところ。

 インターネットを利用すれば手っ取り早そうと思いきや、データを圧縮してからオンラインストレージにあげてメールで送信するのは面倒だし、SNSにアップロードするにはプライベートすぎて躊躇してしまう写真もある。なるべく手間なしで、閲覧制限をかけられる方法が選べるとベストだ。

 そこで試してみたいのが、無料のオンラインアルバムサービス「30days Album」である。

30days Album - 友達や家族と合い言葉・パスワードで安全共有する写真アルバム App
価格無料 作者paperboy&co. Inc.
バージョン3.9 ファイル容量42.6 MB
カテゴリー写真/ビデオ 評価(4)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 6.1以降

 その特徴は、見る側が会員登録やアプリのインストールをしなくても、写真をチェックしたりダウンロードできるという点。投稿の際、合い言葉を設定してクローズドな環境をつくることも可能だ。写真は自動的に撮影日順に並ぶため、アルバムの管理も簡単。共有期間は30日間、投稿した写真の一括ダウンロードは40日間(共有中と終了後の10日間)となっている。閲覧できる機器は、パソコン、iPhone/iPad/iPod touch、Androidと幅広い。

 使い方は、まずアプリをダウンロードしたら、まずはアカウントを新規登録しよう。

アプリ画面の「アカウントを追加」をタップすると登録画面に移動する。TwitterやFacebook、Yahoo! JAPANのアカウントを利用すれば、少ない手順での登録が可能だ

 登録が完了するとマイページへログインできるので、「新しいアルバムを作成」をタップ。アルバムのタイトル、合言葉の利用の有無などを設定する。あとはiPhoneのカメラロールから好きな画像をアップロードすればアルバムの完成だ。

「新しいアルバムを作成」→タイトルなどを入力→写真をアップロード。合言葉は「利用しない」を選択すると、URLだけで写真が閲覧できてしまう。セキュリティー面が気になる場合は、必ず設定しておこう

 写真の共有方法は、メール、SMS/MMS、facebook、Twitter、LINE、QRコードの6種類。自動で文章が作成されるので、メッセージをそのまま送信すればよい。ここまでかかった時間は5分程度。あっという間に投稿して共有できるシンプルさがうれしい。

好きな共有方法を選び、自動生成されたメッセージを送る。届いたURLをクリックし、合言葉を入力すればアルバムを見ることができた

 無料の「FREE」プランの場合、アルバムの同時作成は3つまで。一度に最大50枚、1アルバムにつき150枚まで写真を保存できる。画像形式はJPEGで、1枚あたり15MBまでアップロード可能だ。月額300円の「PRO」プランなら、同時作成数や公開期間の制限がなくなり、1アルバムのアップロード可能数を2000枚まで増やせる。

 共有相手も写真を追加できるので、アルバムをみんなで作り上げる楽しみがある。GWの思い出をHDDやメモリーカードに入れたままではもったいない。ぜひ30days Albumでワイワイ共有してみよう。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中