このページの本文へ

低域を逃さない設計のCチップが3サイズ付属

13.5mmドライバー搭載、耳元で操作できるBluetoothヘッドセット「ATH-BT12」

2014年05月08日 18時11分更新

文● 八尋/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
音質の劣化が少なく低遅延というaptXに対応するBluetoothヘッドセット「ATH-BT12」

 オーディオテクニカは5月8日、ダイナミック型で13.5mmのドライバーユニットを搭載するBluetoothヘッドセット「ATH-BT12」を発表した。カラバリがブラックの「ATH-BT12 BK」とブラウンの「ATH-BT12 BW」2種類をラインナップする。5月23日発売予定で、価格は1万4000円前後。

 ATH-BT12はBluetoothの送信コーデックとしてaptXをサポートし、音質の劣化や遅延が少ないという。マルチポイントに対応し、最大2台同時に携帯電話の着信待ち受けが可能。複数のBluetooth機器と接続するマルチペアリング機能も利用できる。

耳元部分にマルチファンクションキーを搭載し、音楽再生が可能

 耳元部分にマルチファンクションキーを搭載し、音楽再生が可能。ケーブルのインライン・コントローラーで音量調節や曲の送り/戻りの操作ができる。コードには同社独自のグループド・コードを採用し、絡みにく取り回ししやすいという。付属のCチップ(S/M/Lサイズ)により、重低音再生を実現したとしている。

充電用のUSBケーブル、専用ケース、シリコンイヤーピース(XS/S/M/Lの4サイズ)、Cチップ(S/M/Lの3サイズ)が付属

 通信距離は最大10mで、通信規格はBluetooth 3.0に対応する。連続再生時間は最大5時間で、USB接続で充電できる。サイズは約幅18×奥行9×高さ55mmで、重さは約20g。

■Amazon.co.jpで購入【既存品】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン