このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

独特の変形機構を持つ2-in-1モバイルノート

8.1 Updateでタブレットモードのアプリが使いやすく、探しやすく!デル「XPS 12」

2014年05月08日 11時00分更新

文● 松野/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ユニークな変形機構を持つ2-in-1モバイルノート「XPS 12」

 デルのXPS 12 は、ディスプレーのフレーム部分に180度回転するヒンジを搭載し、通常のPCモードとタブレットモードを切り替えられる12.5型Ultrabookだ。現行モデルにプリインストールされているOSはWindows 8.1だが、今回は4月9日に公開された「Windows 8.1 Update」にアップデートし、どれぐらい使用感が向上しているかをチェックしていきたいと思う。

 ユニークな変形機構、性能も充分なXPS12

 XPS 12は一見ごく普通のUltrabookだが、ディスプレーのフレーム内に収まったタッチパネルの上部を押し出すことでパネル全体が180度回転し、そのまま折りたたむことでタブレットモードに変形するユニークな構造を備える。

ディスプレー上部を押し出すとタッチパネルが回転
回転させるのに力は必要なく、思ったより簡単にクルッと回ってくれる180度回転してフレームにカチッとはまる
そのまま折りたためばタブレットモードに

 アルミ製フレームは細くても高い剛性を持ち、パネル部分もそれぞれのモード時にしっかりと固定されるため、簡単に壊れたり、意図せずパネルが回転してしまう心配はほとんどない。外出先で軽くネットサーフィンをする際や、Windows ストアアプリを利用する際はタブレットモードが力を発揮するだろう。タブレット状態で少しディスプレーを開いてスタンドさせれば、フォトビューワーのような使用も可能だ。

このようにスタンドさせるとフォトビューワー風にも使える

 また、性能面においても他のUltrabookに劣らないスペックを誇る。XPS 12 プラチナ・タッチパネルモデルは、CPUがCore i7-4510U(2.0GHz)、メモリーが8GB、ストレージが256GB SSDで、タッチパネルの解像度はフルHD(1920 x 1080ドット)。家庭やビジネスなどの一般的な運用はもちろん、「ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友 オンライン」や「ファンタシースターオンライン2」のような3Dオンラインゲームも設定次第で充分快適に遊ぶことができるだろう。1台で様々なシチュエーションに対応できる、非常にポテンシャルの高いUltrabookであると言える。

XPS 12の天面。独特のパターンがプリントされている
本体右側面には画面回転ロックボタン、ヘッドフォン/マイクポート、電源スイッチ、ボリュームコントロールボタンを配置右側面には電源コネクタ、miniDisplayPort、USB 3.0端子×2、バッテリーステータスボタン、バッテリーステータスライトが
バッテリーステータスボタンを押せば、PCを閉じた状態でも残量を確認できる
フレーム内部のパネルだけを回転させるため、変形機ながら背面もスッキリしている
キーボードはバックライト搭載、テンキーなしの標準的な配置だ。エンターキーがやや小さいのが気になるか
デル株式会社

前へ 1 2 次へ

ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー