このページの本文へ

アキバで恥をかかないための最新パーツ事情2014 第5回

知ったかできる自作パーツ基礎知識【PCケース編】

2014年05月04日 12時00分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2013年から2014年の最新PCケース事情
~Micro ATX編~

 2013年から2014年のMicro ATX対応PCケースは、例年に比べてややラインナップが少なめな印象。おそらくは、次に述べるMini-ITX対応ケースの充実に各社が注力したためと思われる。そんな中でも、特徴的で現在も人気のモデルがいくつか登場している。

CORSAIR初のMicroATX対応ケース「350D」。Micro ATXモデルながら、ハイエンドユーザーをターゲットにした高い拡張性が特徴。業界関係者にも愛用者は多く、完成度は高い

Mac Proのようなデザインを採用するBitFenix製Mini-ITX対応PCケース「Prodigy」のMicro ATX対応モデル「PRODIGY-M」。デザイン重視の人は注目だろう

JONSBOブランドのフルアルミ仕様MicroATX対応PCケース「U3」。1.5mm厚アルミを使用した本体はサイドパネルがアクリルウインドウ仕様で、内部を見せるデザインを採用する

3色に発光するLEDストライプ機能「LiteTrak」を備えたキューブ型PCケースBitFenix「Colossus」シリーズ

トップハンドルを備えたXIGMATEK製のキューブ型Micro ATXケース「Aquila」。内部が後方に向かって傾斜がつけられたデザインも特徴的だ

キューブタイプのPCケースとしては比較的珍しいフロントドアを備えた、Thermaltake製キューブ型のMicroATX対応PCケース「Urban SD1」

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中