このページの本文へ

アキバで恥をかかないための最新パーツ事情2014 第5回

知ったかできる自作パーツ基礎知識【PCケース編】

2014年05月04日 12時00分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ハイエンドCPUクーラーを手掛けるオランダのPhanteksから登場した「Enthoo Primo」。その名の通りエンスー向けのハイエンドモデル。凝ったスペックの割には価格も抑え目な点が嬉しい

COMPUTEX TAIPEI 2013で衝撃を与えた、In Winの全面強化ガラスで構成される斬新なPCケース「Tou」。限定生産で価格は9万9800円。現在は入手不可能だ

最近は新製品の少ないAntecからは、全部で17基のストレージベイを備えるフルタワーPCケース「Nineteen Hundred」がデビュー。電源ユニットは2台まで搭載できる

ケース内部の温度を感知してトップパネルが開閉するという、なんともユニークなギミックを備えたZALMAN製のフルタワーPCケース「H1」。メカ好きは必見のモデル

CORSAIRから4月に発売されたばかりのE-ATX規格対応フルタワーPCケース「760T」。約200度の開閉を実現するスイングアウトサイドパネルを採用。非常にメンテナンスがし易いうえに、LEDファンやお気に入りのPCパーツを組み込むことでドレスアップも楽しめる

ドスパラ専売のRadeon系ビデオカードのメーカーで知られるXFX製PCケース「TYPE01 BRAVO」。メッシュ仕様でシームレスデザイン採用のフロントや、トップとボトムの丸みを帯びたデザインなどが特徴的

デスク型のユニークなLian Li製PCケース「DK01」(2014年5月時点で未発売)。天板は強化ガラス製のため、内部に搭載したパーツ類が透けて見えるという凝った作り

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中