このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

まつもとあつしの週刊ブックマーク 第62回

筆者の目線から1週間の出来事を振り返る 4月20日~26日

ヤフー×ブックオフ、オバマ来日、番組輸出アニメが6割

2014年04月28日 09時00分更新

文● まつもとあつし

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ウェブサービス、コンテンツビジネスを追う著者の目線から先週1週間の出来事を振り返る「週刊ブックマーク」。今回は4月20日~26日(日付は著者がブックマークした日を指します)。

ブックマークした人:まつもとあつし

 ネットベンチャー、出版社、広告代理店などを経て、現在は東京大学大学院情報学環博士課程に在籍。デジタルコンテンツのビジネス展開を研究しながら、IT方面の取材・コラム執筆などを行なっている。DCM修士。
 主な著書に、コグレマサト氏との共著『LINE なぜ若者たちは無料通話&メールに飛びついたのか?』『LINEビジネス成功術-LINE@で売上150%アップ!』(マイナビ)、『ソーシャルゲームのすごい仕組み』(アスキー新書)など。
 Twitterアカウントは@a_matsumoto

イベント告知
 恒例の「マチ★アソビ vol.12」(5月3日~5日@徳島市)にて、連載筆者まつもとあつし氏と、当連載でもご登場いただいた津堅信之氏、そして三原龍太郎氏によるトークイベント「アニメ研究者緊急対談@マチ★アソビ! クール・ジャパンの明日はどっちだ!?」が開催される。日時は、3日10時から両国橋南公園ステージにて。また、期間中のパラソルショップでは、アニメ研究者の最新著書・研究成果を頒布する「アニメ学研究所@マチ★アソビ(仮)」も予定されている。
 また5月6日(火)、大阪・グランフロント大阪で開催される梅棹忠夫と21世紀の「知的生産の技術」シンポジウム内、「ライフハック‐IT時代の知的生産の技術」に筆者のまつもとあつし氏が登壇。

4月20日(日)

日米首脳会談では、TPP合意の発表はない見込み=米政府高官
(Reuters)

 国賓として迎えることになったオバマ大統領。コンテンツの著作権にも大きな影響が懸念されたTPP交渉は結局仕切り直しという形に。(まつもと)

(参考)麻生財務相、TPP「オバマにまとめる力ない」
(日本経済新聞)

(参考)「仕事の話ばかり」と愚痴 首相、オバマ氏との会談
(47NEWS)


進撃の巨人:スピンオフ1巻が重版で50万部突破
(MANTANWEB)

 ストーリー原案にニトロプラスのスタッフが参加。スピンオフで50万部突破は異例。(まつもと)

■Amazon.co.jpで購入

4月21日(月)

中国で急拡大中!ダイソーと無印とユニクロをパクったチェーン店「メイソウ」がヤバすぎる
(NAVER まとめ)

 ある意味圧倒されます。(まつもと)

メイソウの日本語ページは閉鎖中


中国は「萌え」ているか?|【所長コラム】「0(ゼロ)グラム」へようこそ
(ASCII.jp)

 同じく中国。日本の作品が(審査は厳しいながらも)輸出されていると同時に、中国で日本風の作品の展開が拡がっているように感じられます。(まつもと)

中国の書店風景


トルコ、独自URLのttt検討 wwwやめて管理強化
(朝日新聞デジタル)

 Twitterの規制に失敗して、次はURLを変えるという策に。(まつもと)


君は梅棹忠夫を知っているか? 「情報デザインの未来・過去・現代」(大阪)に登壇します!
(Lifehacking.jp)

 私は堀さんと同じセッションのモデレーターを務めます。(まつもと)


「世界に通用する電子書籍のビジネスモデルを」――楽天Koboは2014年こう仕掛ける
(ITmedia eBook USER)

 楽天が電子書籍事業の戦略を発表。楽天ブックスとの完全統合、セルフパブリッシングKWL(Kobo Writing Life)の日本導入などの計画が明らかにされました。一方、カナダのKobo本社でのリストラも。(まつもと)

(参考)Toronto-based e-reader Kobo lays off 63 people
(Toronto Star)

(参考)楽天の国重副会長が22日付で辞任 「一身上の都合」
(日本経済新聞)


スマホ決済大手の米スクエア、身売り交渉か 米紙報道
(日本経済新聞)

 Twitter創業者の創業した会社に早くも身売りの観測が。その後、スクエア自体はこれを否定しています。(まつもと)

(参考)Square、グーグルへの身売りで交渉との報道 声明で否定
(CNET Japan)

■Amazon.co.jpで購入

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ