このページの本文へ

「サイボウズ SP スケジューラー」と「サイボウズ SP ディスカッション」を提供

サイボウズ、SharePoint版グループウェアの新版

2014年04月28日 09時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月24日、サイボウズは、日本マイクロソフトの技術支援の下、Microsoft SharePoint Server 2013(以下、SharePoint Server 2013)上で開発されたグループウェア「サイボウズ SP Apps 2013」シリーズを販売開始した。サイボウズと日本マイクロソフトでは、2009年9月にグループウェア製品の開発・提供における業務提携を発表しており、Microsoft SharePoint Server をベースとしたサイボウズのグループウェア製品を展開している。

 サイボウズ SP Apps 2013では、SharePoint Server 2013のグループウェア業務領域をさらに使いやすくするアドオン製品。サイボウズのグループウェアでも特によく使われているスケジュールとメッセージ・掲示板の機能を、「サイボウズ SP スケジューラー」と「サイボウズ SP ディスカッション」として提供する。日本語・英語の言語切り替えやタイムゾーンにも対応しており、グローバルなビジネスシーンで利用で きる。

グループスケジュール管理、施設予約・設備予約(会議室・社用車・プロジェクタなど)、プ ロジェクト管理として活用できる。Exchange・Outlookの予定表とも高度に連携する

宛先を階層から選択しプロジェクトメンバー限定のスレッドを作成できます。写真・ドキュメント・TODOも1画面に集約表示されるため、プロジェクトにおける情報共有が促進するという

 今回のサイボウズ SP Apps 2013の提供により、サイボウズのグループウェア製品で特に多くのユーザーが利用している機能を、SharePoint Server 2013 上でも利用できるようになる。また、サイボウズ SP Apps 2013は、Microsoft Azure上に構築されたSharePoint Server 2013環境でも動作するという。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ