このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

実車の86の走りをGT6で再現!? データロガーを体験!

2014年04月28日 17時00分更新

文● 松永和浩 写真●松永和浩

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

豪華講師陣にドライビングを教わる
自分の走りは果たしてどうなのか!?

 4月15日、富士スピードウェイで行なわれた「GAZOO Racing スポーツドライビングレッスン」にお邪魔してきました。

 このレッスン、本格的にサーキット走行を学んで、将来的には「GAZOO Racing 86/BRZ Race」に出ちゃいましょうという内容の濃いもの。

 講師陣も日本人初のル・マンウィナーである関谷正徳さんを筆頭に、グループC時代からトップカテゴリーのレースに参加し続ける影山正彦選手、今年からSUPER GTでスバルBRZ GTに乗る井口卓人選手、昨年はGAZOO Racing 86/BRZ Raceに痛車で出場して勝ち星を挙げた蒲生尚弥選手と超豪華!

関谷正徳さん

影山正彦選手

井口卓人選手

蒲生尚弥選手

 関谷正徳さんを除く3名の方々は、今年度のスーパー耐久シリーズでGAZOO Racing SPIRITチームからGAZOO Racing TOYOTA 86で参戦している、まさに「86使い」なのです。

スーパー耐久のGAZOO Racing TOYOTA 86

 そんな講師陣に教わるという本格的なドライビングレッスンの会場に、なぜか鎮座するグランツーリスモ6(GT6)の筐体。レカロシートで3面モニターとかなり本格的です。これは何かといえば、今回のドライビングレッスンの教材として使われる重要なものなのです。

暇なときに遊ぶためのものではありません

 トヨタテクノクラフトが4月に新発売したトヨタ86用「TRDスポーツドライブロガー」は、専用GPSからの位置情報とCANと呼ばれる車両内部のコンピュータ同士のデジタル通信情報を内部メモリーに記憶した後、USBに転送が可能です。

 転送情報にはGPS信号、アクセルペダルストローク、ステアリング舵角、ブレーキ操作信号、シフト操作信号、エンジン回転数、車速などの走行データが含まれており、対応アプリケーションで利用ができます。この「TRDスポーツドライブロガー」対応アプリケーションの第1弾がGT6で、4月2日のアップデートからこのロガーデータ読み込めるようになっています。ちなみに「TRDスポーツドライブロガー」の価格は8万6000円(税別)。

ロガーデータの読み方を解説するポリフォニー・デジタル 竹薮さん

 つまり、ここにあるGT6の筐体はレッスン参加者のロガーデータをもとに、講師の走りとどこがどう違うのかということを目で見て確認できるようにするものだったのです。これは画期的ですね!

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ