このページの本文へ

ヘルシンキでコーディングの「ワールドカップ」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6月10日、フィンランドのヘルシンキでコーディングの世界選手権「ハローワールドオープン」が開催される。フィンランドのテクノロジー企業・リアクターと「クラッシュ・オブ・クラン」を制作したゲームメーカー・スーパーセルが企画したもので、賞金の総額は1万ユーロ。

 リアクターのヴァイル・ヴァルトネン氏は「コーディングにおける国民的スーパーヒーローを作り上がること」と大会の意図を話す。

大会関係者は「キミ・ライコネンのようなヒーローを生み出したい」と語る。

 すでに80以上の国から約2500チーム、4000人以上が参加申し込みをしている。ただし、決勝の地であるヘルシンキに行けるのは、わずか6チーム。5月6日からオンラインで開催される予選ラウンドで争う。課題は「バーチャルカーレース用の人工知能」を制作すること。決勝進出チームには、ヘルシンキまでの渡航費用が主催者から支払われる。

 決勝戦もオンラインで配信される。賞金1万ユーロを手にするのはどこのチームか。日本から決勝に進むチームは出現するのか。見どころ満載のコーディング世界大会に注目だ。


週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中