このページの本文へ

スマホからのネット利用者、1年間で1100万人増加

文●通販通信

2014年04月24日 00時58分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image ニールセンは4月23日、「2013年度インターネットサービスの利用状況」を分析し、その結果を発表した。

 同調査によると、13年度の1年間でPCからのインターネット利用者は6%減少し、14年3月時点で5376万人となった。一方で、スマートフォンからのインターネット利用者数は、約1100万人(38%)増の3978万人となった。

 スマートフォンからのインターネット利用をカテゴリ別にみると、メーカーサイトや自動車関連情報サイトが含まれる「自動車」カテゴリの増加率が最も高く98%、次いでカメラアプリや写真共有サイトが含まれる「写真機材、写真サービス」と宅配サービスを含んだ「行事、ギフト」カテゴリが79%となった。

 スマートフォンからの利用者数の多い上位10サービスに関しては、「LINE」「Amazon」が58%、「Twitter」は48%と全体の平均増加率38%に比べても高い増加率となった。LINEは特に50代以上の男女の増加率が高く、若年層以外にも利用が広がり始めていることが分かった。

 ■「分析結果」
http://www.netratings.co.jp/news_release/2014/04/Newsrelease20140423.html

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く