このページの本文へ

2013年度のネット利用、PCの6%減に対しスマホは38%増

2014年04月23日 17時00分更新

加藤 宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ニールセンは23日、スマホ視聴率情報「Nielsen Mobile NetView(モバイル・ネットビュー)」と、PC版インターネット視聴率情報「Nielsen NetView(ネットビュー)」をもとに、2013年度(13年4月~14年3月)のネット利用動向について発表した。

サービス別のスマホからの利用者数と利用増加率(2013年度)

サービス別のスマホからの利用者数と利用増加率(2013年度)

 PCからのインターネット利用者は14年3月時点で5376万人となり、13年度の1年間で6%分、約350万人の減少を記録。一方、スマホからのインターネット利用者数(アプリの利用とウェブサイトの訪問の両方を含む)は3978万人で、約1100万人の38%増となった。インターネット利用のパソコンからスマホへのシフトが鮮明となっている。

 スマホからアクセスしたサイトをカテゴリ別にみると、スマホからのアクセス増加率とアクセス数は、「自動車(オートバイ)」が98%増の1418万人、「写真機材、写真サービス」が79%増の1982万人、「行事、ギフト」が79%増の1618万人、「教育とキャリア」が60%増の2101万人、「ファイナンス」が44%増の3163万人となった。

 同じくサービス別では、スマホからの利用者数のトップ5は「Google」と「Yahoo!」、「LINE」、「Facebook」、「楽天」。利用増加率では「LINE」と「Amazon」、「Twitter」、「アメーバ」、「楽天」がトップ5となった。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ