このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

安くて薄くてハイスペック!「Luvbook L」の魅力を探る 第2回

6つのベンチマークで検証

Windows 8.1 Updateで「LuvBook L」のパフォーマンスは向上する?

2014年05月22日 11時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

8GBのメモリーと256GB SSDを搭載した売れ筋モデル「LuvBook L/LB-L471X」

 マウスコンピューターの「LuvBook L」シリーズは、Core i7-4500U(1.80GHz)とタッチ対応ディスプレーを採用した14型Ultrabookだ。OSにはアップデート前のWindows 8.1が搭載されているが、Windows Updateの利用で最新版へアップデートできる。そこで今回は、8GBメモリーと256GB SSDを搭載した「LuvBook L」シリーズの売れ筋モデル「LB-L471X」を使って、Windows 8.1 Update適用前後のベンチマーク結果を比較してみよう。

試用機の主なスペック
製品名LuvBook L/LB-L471X
CPUCore i7-4500U(1.8GHz)
グラフィックスインテル HD グラフィックス(CPU内蔵)
メモリー8GB
ストレージ256GB SSD
光学ドライブなし
ディスプレー14型(1600×900ドット)
通信機能有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11ac/a/b/g/n)、Bluetooth 4.0
インターフェイスUSB 3.0端子×2、USB 2.0端子×1、HDMI端子×1、マイク入力/ヘッドホン出力端子×1、マルチカードリーダー×1
本体サイズ/重量幅338×奥行き233×高さ21.5mm/重量約1.8kg
バッテリー駆動時間約11.5時間
OSWindows 8.1(64ビット)

「LuvBook L」シリーズでWindows 8.1 Updateを

 「Windows 8.1 Update」とは、Windows 8.1のシステムや操作性を改善するアップデートプログラムのことだ。システムの自動更新が有効になっていれば適切なタイミングで自動的に適用されるため、ユーザーは更新のための作業を行なう必要はない。だが新しい機能をいち早く使ってみたいという場合は手動による更新が必要となる。

 作業は簡単で、コントロールパネルやスタート画面の「PC設定」にあるWindows Updateから、更新プログラムのインストールを実行するだけ。ファイルのダウンロードが終わると自動的にインストールが行なわれ、システムを再起動するとアップデート後の新機能を利用できる。

チャームバーから「設定」をクリックしたのち「PC設定の変更」をクリック。「PC設定」画面が開いたら「保守と管理」→「Windows Update」とクリックしアップデートを実行する

コントロールパネルから操作する場合は、「システムとセキュリティ」の「Windows Update」を開き更新プログラムをインストールする

 今回のアップデートの主なポイントは、スタート画面がマウスで操作しやすくなった点だ。スタート画面右上の写真アイコンの横に電源ボタンや検索ボタンが追加されたほか、タイルを右クリックメニューで操作したり、Windowsストアアプリ利用時にデスクトップ画面のタスクバーを表示できるようになった。タスクバーにWindowsストアアプリのアイコンをピン止めできる点も便利だ。

スタート画面の右上に追加された電源ボタンと検索ボタン

タスクバーに標準で「ストア」アプリのアイコンがピン止めされるようになった


マウスコンピューター/G-Tune


(次ページ、「アップデートでマシンの基本性能は改善! でも……」に続く)

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事