このページの本文へ

Windows Info 第19回

Windows 8.1 Updateの中身を詳しく見る

2014年04月22日 12時00分更新

文● 塩田紳二

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

モダンUI環境とマウス操作はこう変わった

 マウス操作の変更の1つは、スタート画面でのタイルやバックグラウンド部分でのマウス右クリックによる「コンテキストメニュー」だ。タイルのコンテキストメニューは、タイルを選択して下からのエッジ操作で出すメニューと同じで、タイルのサイズ変更やライブタイルのオンオフなどだ。また、8.1 Updateでは、タスクバーにストアアプリを配置できるようになったため、どちらのメニューも新たに「タスクバーにピン留めする」という項目が加わり最大で5つになった。

スタート画面のタイル上でマウスの右クリックすると、コンテキスト(右クリック)メニューが表示されるようになった

エッジメニューにも「タスクバーにピン留め」の項目が追加された

 このために、スタート画面でのマウスの右クリックは、動作が完全に変わった。Windows 8.1での右クリックは、タイル上では「タイルの選択&エッジメニュー」だったものが、8.1 Updateでは、「タイルの選択&コンテキストメニュー」になった。また、Windows 8.1では、マウス右クリックで複数タイルの選択が可能だったが、8.1 Updateでは、コントロールキーを同時押ししないと複数のタイルを右クリックで行うことはできなくなった。

 さらにWindows 8.1では、右クリックでタイルを選択すると、自動的に「カスタマイズモード」に入ったが、8.1 Updateでは、タイル上で右クリックすると単にタイルが選択されて、コンテキストメニューが表示されるだけで、スタート画面は「カスタマイズ」状態には入らない。このため複数を選択しても、これをドラッグしてグループ間を移動させることはできない。

 マウス操作でタイルをグループ間で移動させる場合には、バックグラウンドで右クリックし「グループ名を付ける」をコンテキストメニューから選択し「カスタマイズ」状態にした上で、左クリックでタイルを選択(複数選択するにはコントロールキーを併用)して、右クリックでドラッグする必要がある。

スタート画面の地の部分で右クリックすると「グループ名を付ける」というコンテキストメニューが表示されるが、これはタイルのグループ名を付けるだけで、エッジメニューのカスタマイズとは違う動作

 以前に比べると少し面倒な感じはあるが、Windows 8.1では、マウスでカスタマイズ状態に入るには、右クリックでエッジメニューを表示させて、画面右下にある「カスタマイズ」を選択する必要があったのに対して、コンテキストメニューの選択へと変わり、手数は同じだが、マウスの移動量が格段に少なくなった。

 これまで、タブレットなどのタッチ操作が可能なマシンでマウスで操作しているとき、マウスを大きく動かすのが面倒で、つい画面をタッチして操作してしまうといったことがあったが、今回のアップデートでは、マウス操作で「思わずタッチしてしまう」ようなところが減った感じがある。

スタート画面でもどこでもタスクバーが表示

 つづいての改良点は、マウス操作時にタスクバーがスタートメニューやストアアプリでも利用可能になったことだ。マウスを使っている場合、マウスカーソルを画面下に持っていくと、スタート画面でもストアアプリでも、必ずタスクバーが表示される(冒頭写真)。

 タスクバーには、実行中のストアアプリやピン留めしたストアアプリも表示されるため、デスクトップ、ストアアプリを問わず、アプリからアプリへ直接切り替えが可能になった。これまでは、デスクトップアプリを選択するには、スタート画面を経由するなどしてデスクトップを開き、そののちにウィンドウをクリックといった操作が必要だった。画面左のエッジ操作によるタスクリストを使うにしても、マウスでは、2アクション(画面左上にマウスカーソルを動かしたあと、下に下げる)が必要だったので、アプリ間の移動がかなりラクになった。

 また、タスクバーを使ってストアアプリやスタート画面に移動した後はしばらく常時されたままになる。このため、そのままマウスを使って、他のアプリへ直接移動ができる。たとえば、ストアアプリの状態を確認してまたデスクトップアプリに戻るといった操作が簡単にできるようになった。

 なお、ストアアプリやスタート画面でのタスクバーの表示は、キーボードから「Win+T」(Windowsロゴキーを押しながらTキーを押す)でも可能。また、Winキー+数字キーで、タスクバーに登録されたアプリを起動するショートカットも有効だ。

 タスクバーにストアアプリをピン留めできるので、利用頻度の高い「PC設定」や「コントロールパネル」をタスクバーにピン留めしておくと、設定変更が多いユーザーは、1アクションで設定変更に入ることができる。これは、意外に便利だ。また、PC設定にも変更があり、左下にデスクトップのコントロールパネルを起動するためのリンクが追加されている。

PC設定の左側下にデスクトップの「コントロールパネル」を開くリンクが追加されている

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン