このページの本文へ

サーバーに履歴を残さず、暗号化されたプライバシー性の高いコミュニケーションを実現

NTTコム、ブラウザ間のリアルタイム通信技術を活用したチャットサービス「WebRTC Chat on SkyWay」トライアル提供開始

2014年04月21日 18時10分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
トライアル公開されたチャットサービス「WebRTC Chat on SkyWay」

 NTTコミュニケーションズは、ブラウザ間でリアルタイム通信を実現するWebRTC(Web Real-Time Communications)技術を本格的に活用した国内初のWebアプリケーションサービス「WebRTC Chat on SkyWay」の無償トライアル提供を4月21日より開始した。

WebRTCのしくみ

 WebRTCは、パソコンやスマホのブラウザ間でポイントtoポイントでの映像やデータ通信を実現する技術。従来のWebサービスのように通信時にサーバーを介さないため、Webサービスのリアルタイム性向上と低コスト化が期待される。また、従来のポイントtoポイント型のサービスはパソコンなどの端末側に専用アプリを必要だったが、WebRTCでは既存のブラウザを用いるため低コストのサービス開発が可能。オープンで多種多様なリアルタイムサービスの展開が期待されている。

トライアル公開なのでAPIは無償で提供されている

 トライアルオープンしたチャットサービス「WebRTC Chat on SkyWay」では、発言内容をサーバーに履歴として残さず、通信自体も暗号化されている。会員登録も不要で、各種ブラウザでサービスサイトにアクセスするだけで利用できる。

 なお、ポイントtoポイント型のサービスは違法データの交換に利用されやすいことが一般的に懸念されているため、WebRTCではビデオチャット開始/切断時の接続情報は標準的に保存されるため、万一の事態にログの適切な運用・管理を行うことで対応可能としている。

 NTTコミュニケーションズでは、「WebRTC Chat on SkyWay」のトライアル提供を通した知見をWebRTCプラットフォーム機能に反映、機能を順次追加してゆくという。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン