このページの本文へ

戦車の挙動がよりリアルに

「WoT」がさらに美しく! 大型アップデート9.0で“砲塔が吹き飛ぶ”

2014年04月16日 20時00分更新

文● 鈴木誠史/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
大型アップデート9.0を実施する「World of Tanks」

 ウォーゲーミングジャパンは4月17日、PC/Xbox 360用オンライン戦車ゲーム「World of Tanks」において、大型アップデート 9.0“NEW FRONTIER”を実施する。

 今回のアップデートは2014年の大型アップデートの第一弾。マップやゲーム内オブジェクトの高解像度化や、「M4 Sherman」をはじめとする戦車10台のモデルとテクスチャー改修を行ない、サスペンションの挙動がリアルになったという。さらに物理処理を追加し、撃破される際に砲塔が吹き飛ぶようになった。

 また、新ゲームモード「ヒストリカルバトル」では、第二次世界大戦の歴史的戦車戦を、戦史に沿った装備で体験できるという。参戦できる戦車戦は、「春の目覚め作戦」「クルスクの戦い」「アルデンヌの戦い」となる。

 こちらの特設サイトでは今までのグラフィックの進化がまとめられている。また、アップデート内容をまとめたトレーラー映像も公開中だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ