このページの本文へ

山陽新幹線の中がプラレール&エボルタ君の基地に

JR西、タカラトミー・パナソニックとコラボしたプラレール特別車両を山陽新幹線に導入

2014年04月16日 18時01分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
山陽新幹線の車内がまるでプラレールランド

 この夏、JR西日本(西日本旅客鉄道)とタカラトミー、パナソニックの異業種コラボにより、山陽新幹線に新たなお子様向けサービス「プラレールカー」が走行する。

ラッピング車両(イメージ)

 JR西日本は、山陽新幹線を運転する一部の500系「こだま」号において、人気の鉄道玩具「プラレール」と乾電池「エボルタ」とタイアップした車両改造を運行させる。プラレールの大型ジオラマの展示やプレイゾーンの設置など新幹線の乗車中にお子様が楽しめることに加え、多目的室や大型の荷物置き場も新たに設置し、家族旅行に最適な車両とする。

車内イメージ

 プラレールカーは2014年7月から2015年3月までの毎日(一部運転しない日がある)、博多6:33発→新大阪11:14着のこだま730号、新大阪11:30発→博多16:30着のこだま741号で運行(いずれも1号車)。

 車両は特別ラッピングのほか、車内にはプラレールの大型(1800×1800mm)ジオラマを設置、乾電池エボルタを使用したプラレールを走行(プラレール無料貸出しあり)。また、走行中のリアルタイム画像や再生画像が表示されるお子様向け運転台、プラレールの「てっちゃん」、乾電池エボルタの「エボルタくん」、山陽新幹線の「カンセンジャー・ジュニア」が背景に並んだ記念撮影スポットや、各キャラクターをあしらった記念キャラクタースタンプ台を設置。

 また、車内ではオリジナルプラレールやキャラクターシールの配布なども行われる予定。新幹線1号車は自由席なため、利用するにあたって予約・切符は必要としない。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン