このページの本文へ

CENTURY「CK-67CMB-GRJP1」、「CK-67CMB-4MJP1」

新型スイッチ「緑軸」採用品や全色軸搭載のキーボードが登場

2014年04月15日 21時53分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Cherry MXキースイッチを採用するセンチュリー製のコンパクトメカニカルキーボード「BLACK PAWN」シリーズに、新モデル“緑軸”採用の「CK-67CMB-GRJP1」が登場。同時に赤/茶/黒/青の4軸混合というキワモノ「CK-67CMB-4MJP1」も発売された。

新モデル“緑軸”採用のセンチュリー製のコンパクトメカニカルキーボード「BLACK PAWN」シリーズ

 「CK-67CMB-GRJP1」は新型スイッチ「緑軸」を搭載するコンパクトメカニカルキーボード。工業向けの特殊スイッチとされるもので、80gという重量級の荷重が特徴だ。
 そのほか基本スペックは変わらず。ブラック筺体に鮮やかに光るブルーLEDは、7段階の輝度調整に対応で、67キー/日本語JIS配列(かな刻印なし)採用。本体サイズは295(W)×102(D)×38(H)mm、重量は400g。また、キーピッチは19mm、キーストロークは4mm±0.5mmで、最大6キーまでの同時押しに対応している。そのほか、インターフェ- スはUSBで、ケーブル長は150cm。
 価格は1万5800円。パソコンショップアークとツクモパソコン本店で販売中だ。

工業向けの特殊スイッチで、80gという重量級の荷重が特徴の「緑軸」。なかなか独特の打鍵感だ

 同時発売の「CK-67CMB-4MJP1」は、Cherry赤軸/茶軸/黒軸/青軸のすべてを1台のキーボードに詰め込んだ非常にレアなモデル。もとは展示用に製作されたものだったが、反響があったために製品化したというものだ。なお配列は、上から赤→茶→黒→青という並び。そのほか主なスペックは共通だ。
 価格はこちらも1万5800円。パソコンショップアークとツクモパソコン本店で販売している。

Cherry赤軸/茶軸/黒軸/青軸のすべてを1台のキーボードに詰め込んだ「CK-67CMB-4MJP1」。もとはサンプルだったが、反響が大きかったために製品化された

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中