このページの本文へ

富士見iPhoneクラブ第204回

東京で展覧会を見に行くならばこのiPhoneアプリが必携!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士見iPhoneクラブのメンバーが、iPhoneのちょっとした使いこなしテクを毎回紹介していく。iPhone上級者なら「なにを今さら…」と思うかもしれないが、案外知らなかったり、使っていなかったりするネタもあるかもしれないぞ。

 iPhoneでは、「マップ」や「Safari」を使うことで、気になるイベントやスポットを手軽に検索できる。しかし、専用のアプリを使えば、自分のほしい情報をすぐに検索・チェックできるのもまた事実だ。

 今回は、ちょっと知的に(?)「TokyoArtBeat」を紹介したい。東京のアート・デザイン展カレンダー、「東京アートビート」の公式アプリ。東京で開催されている、アート展やデザイン展などのスケジュールをチェックできる。

TokyoArtBeat App
価格¥200 作者Art Beat
バージョン1.7.4 ファイル容量5.1 MB
カテゴリーライフスタイル 評価(4)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 4.3以降

 アプリの使い方はとてもシンプル。現在地を使った「周辺検索」、地域やイベントの内容で検索する「絞り込む」などでイベントを探していく。便利なのは「人気イベント」で、今人気のある展覧会が一覧で表示される。今後スタートする展覧会も表示されるので、まずはここをチェックするといいだろう。

イベントを検索し、気になるものをタップすれば詳細がわかる

 一覧からイベントをタップすると、美術展についての説明や、開館時間、入場料はもちろん、アクセス方法なども表示されるのは、この春から上京してきたという人にもありがたいはずだ。

スケジュールや開館時間はもちろん、アクセス方法もわかるのがうれしい

 また、「絞り込む」では展覧会のジャンルだけではなく、「スマートリスト」から「ついに開始」「もうすぐ終了」「常設展」などといった条件で検索も可能だ。気になったイベントはブックマークもできる。

「絞り込む」では、建築や絵画など、豊富なジャンルから選べるのがいい

もちろんエリアからの検索も可能。散歩した先でちょっと時間が余ったら、展覧会で暇つぶしというのも粋だ

 名前からして、「芸術が好きで、展覧会によく行く人のためのアプリでは?」と思った人も多いはずだ。もちろんそういう人にも使ってほしいが、むしろ「詳しくないけど、たまには覗いてみようかな」という、ライトな層にもおすすめしたい。アプリを起動して、近いところや気になるところの情報をさくっと調べられるのは便利。春からこのアプリ片手に、気軽にアートに触れてみてはいかがだろう。


このアプリをオススメする覆面:ニッシーさん

 私のようなインテリなリア充ならいざしらず、最近美術展に興味が出てきた、あるいはこの春から東京で新生活を始めるという人は、どこに行ったらいいかがなかなかわからないはずだ。このアプリを使えば、あらかじめ行こうと思っていた場所はもちろん、最寄りでも検索できるので、デートコースを決めるにも迷わない。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中