このページの本文へ

App2go、ネイティブ広告ネットワークを提供

文●通販通信

2014年04月15日 01時26分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

サービスの画面 サイバーエージェントの連結子会社であるApp2go(アップトゥーゴー)とシーエー・モバイルは4月14日、ネイティブ広告ネットワーク「NATS(ナッツ、Native Ad TotalSolutionの略)」の提供を開始した。

 「NATS」は、「Ameba」を含む複数の提携メディアで、閲覧者が深い理解や関心を示すようなコンテンツ性の高い広告を、コンテンツの一部として掲載することができるアドネットワーク。シーエー・モバイルがシステム開発、提携メディアのサポート業務を行い、App2goはセールスパートナーとして連携する

 同サービスは、2014年3月より一部の企業のみ限定的に配信をしており、4月より正式に販売を開始。掲載メディアのリクルーティングなど更なるサービスの開発、拡充を積極的に行い、2014年9月までに導入社数100社を目指す。

 ネイティブ広告とは、掲載するメディアの特性に合わせ、コンテンツ性の高い広告を配信する広告手法。昨今のスマートデバイスやSNSの普及に伴い、インターネット上の情報量が膨大化するなか、コンテンツ性の高いネイティブ広告が注目を集めている。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く