このページの本文へ

「Surface Pro 2」タブレット付きなど3モデル、新たな業務スタイルを提案

キヤノンS&S、中小向け「Office 365」独自パッケージを発売

2014年04月15日 11時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 キヤノングループのキヤノンシステムアンドサポート(キヤノンS&S)は4月15日、マイクロソフトの「Office 365 ProPlus」とタブレット端末やキヤノン独自サービスをパッケージ化した「いつでもリモートオフィス for Surface Pro 2」など3モデルを発売した。専任IT管理者のいない中小企業をターゲットとしている。

 キヤノンS&Sは、中堅中小企業を主要顧客に、全都道府県200カ所に展開する拠点をベースとして複合機やIT機器の販売およびメンテナンスサービスを提供する企業。

 今回発売されたのは、Office 365とWindowsタブレットを組み合わせて提供する「いつでもリモートオフィス for Surface Pro 2」、Office 365とiPadを提供する「いつでもリモートオフィス for iPad」、Office 365とキヤノンの複合機対応クラウドストレージサービス「HOME-BOX2」および管理ソフト「imageWARE Desktop」(関連記事)を組み合わせた「らくらくリモートオフィス for Office 365」の3モデル。

3モデルそれぞれの狙い

 いつでもリモートオフィス for Surface Pro 2は、Surface Pro 2(256GB)タブレット1台で社内/社外の業務を行うスタイルを提案する。Officeによる業務文書作成や閲覧のほか、Exchange OnlineおよびLync Onlineを通じたコミュニケーション、スケジュール、文書管理の機能を提供する。初年度価格は102万8000円(税別、Surface 5台構成でライセンス料金とシステム構築料金を含む)から。

いつでもリモートオフィス for Surface Pro 2の概要

 いつでもリモートオフィス for iPadでは、Office 365、Exchange Online、Lync Onlineの機能が利用できるほか、モバイルデバイス管理(MDM)サービスの「AirWatch SaaS」、キヤノンのクラウドストレージ「HOME Type-S」も併せて提供される。初年度価格は38万7800円(iPad Air 5台構成でライセンス料金とシステム構築料金を含む、ただしiPad Airは別途キャリアから購入)から。

 らくらくリモートオフィス for Office 365でも、Office 365、Exchange Online、Lync Onlineの機能が利用できるほか、キヤノンの複合機でスキャン/FAX受信したドキュメントをクラウドを通じて共有、閲覧、加工できるHOME-BOX2やimageWARE Desktopも含み、外出先でもFAXや社内文書が確認できる環境を提供する。初年度価格は125万8800円(ライセンス、システム構築料金を含む、複合機リース料などは含まず)から。

らくらくリモートオフィス for Office 365の概要

 キヤノンS&Sでは、中小企業においてもクラウドサービスやタブレット端末を活用し、効率的で運用管理負荷/コストの少ない「新しい業務スタイル」の実現が求められているが、Office 365の機能を理解し、設計から導入までを手がけるシステム専任者がいないことが課題となっていると分析。そうしたスタイル実現のための製品/サービスとサポートをパッケージ化して提供することで、顧客を支援していくと述べている。

 なおキヤノンS&Sでは、3モデル合計の販売目標として、2014年中に6000シートとしている。

訂正とお詫び:初出時、キヤノンS&Sの拠点数が誤っておりました。正しくは全都道府県200カ所となります(本文は修正済み)。お詫びして訂正いたします。(2014年4月17日)

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ