このページの本文へ

上坂すみれなど追加ボイスキャストも発表

セガサターンやドリキャスなどを擬人化した「セガ・ハード・ガールズ」がアニメ化

2014年04月10日 18時09分更新

文● 八尋/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

セガが発売したハードを擬人化するプロジェクト「セガ・ハード・ガールズ」がアニメ化。写真はドリームキャストを擬人化したキャラクター、CVはM・A・O

 セガは4月10日、同社がこれまでに発売したゲームハードを擬人化した「セガ・ハード・ガールズ」をアニメ化すると発表した。

 セガ・ハード・ガールズは、ドリームキャストやセガサターン、メガドライブなどのハードをイラストレータKEI氏が擬人化するプロジェクト。全17種類のハードが擬人化され、それぞれ元となるゲーム機本体のデザインをモチーフにした服やアクセサリーを着用し、どことなくハードの性能やクセを思い出させる性格をしているという。

セガサターンのキャラクター、CVは高橋未奈美

メガドライブ2のキャラクター、CVは山岡ゆり

 アニメ化に伴い、既にCVが決定しているドリームキャスト/セガサターン/メガドライブ/セガ・マークⅢ/マスターシステム/ロボピッチャに加え、ビジュアルメモリのCVが上坂すみれに決定。そのほか9人のCVも発表された。アニメ化の詳細はまだ未定だが、セガ・ハード・ガールズの公式サイトやTwitterにて追って発表する予定だ。

 また、「電撃文庫創刊20周年大感謝プロジェクト」の一環として、セガ・ハード・ガールズが登場する小説「現代日本にやってきたセガの女神にありがちなこと」が電撃文庫MAGAZINEにて連載中。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ