このページの本文へ

既婚女性の63%「スマホ所持」・49%「ネット通販利用」

文●通販通信

2014年04月10日 01時07分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image ソフトブレーン・フィールドは4月9日、30代~40代の主婦を対象に「携帯電話の使用方法」についてのアンケートを実施し、その結果を発表した。

 調査結果によると、既婚女性の方に「持っている携帯電話の種類」について確認したところ、全体ではスマートフォンが63.1%、フィーチャーフォンが36.9%となった。世代別では、年齢が上がるに連れフィーチャーフォンの割合が高くなる傾向が見られたが、60代以上でも4割弱の人がスマートフォンを保有していた。

 携帯電話でよく行うことを聞いたところ、スマートフォンユーザー、フィーチャーフォンユーザーともに「電話」「メール・メッセージの送信」が90%以上。さらに、「ニュースを見る」、「ゲームをする」、「音楽を聞く」、「動画を見る」、「ネットショッピング」などの項目については、フィーチャーフォンユーザーはほとんど利用していない一方で、スマートフォンユーザーは「ゲーム」が53.8%、「ニュースを見る」が51.4%、「ネットショッピング」が49.5%となった。

 アンケートの回答者に1日のうち携帯電話を使う時間について聞いたところ、フィーチャーフォンユーザーは30分以下が65.6%。一方で、スマートフォンユーザーの43.4%が1日に携帯電話を1時間~3時間未満使うと答えた。

 調査期間は3月18日~24日、有効回答者数は1102人。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く