このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

富士通「SHシリーズ」ロードテスト 第8回

編集部おすすめの直販モデルスペック構成例も紹介

「FMV LIFEBOOK SH」シリーズは店頭モデルと直販モデルのどちらを買うべきか?

2014年05月23日 11時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通の「LIFEBOOK SH」シリーズは、2560×1440ドットのIGZO液晶ディスプレーを搭載した13.3型ノートだ。オプションのユニットを増設することでさまざまな機能を強化できる「モバイル・マルチベイ」構造を採用しているほか、バッテリー駆動時間が約21.1時間とスタミナも十分。外出先でもさまざまな作業をこなせる汎用性の高いスペックに仕上がっている。

 同シリーズには店頭販売向けのカタログモデル「FMV LIFEBOOK SH90/M」と、直販サイト「富士通WEB MART」限定のカスタマイズモデル「LIFEBOOK WS1/M(WS2/M)」が用意されている。前回はそれぞれの細かな違いについて説明したので、今回はそれぞれのモデルを購入するメリットを紹介しよう。

店頭販売向けのカタログモデル「FMV LIFEBOOK SH90/M」(写真手前側)とパーツ構成の変更が可能なカスタマイズモデル「LIFEBOOK WS1/M」(写真奥側)
LIFEBOOK WS2/M、WS1/M(直販モデル)主なスペック
製品名 LIFEBOOK WS2/M、WS1/M(直販モデル)
直販価格 13万7530円から(富士通WEB MART価格、クーポン適用時、2014年5月16日現在)
CPU Core i7-4500U(1.8GHz)、Core i5-4200U(1.6GHz)
メモリー 4/6/10GB
ディスプレー 13.3型(2560×1440ドット)高輝度フルフラットファイン タッチパネル、13.3型(2560×1440ドット) 高輝度フルフラットファイン ノングレア
グラフィックス インテル HD グラフィックス 4400(CPU内蔵)
ストレージ 約500GB HDD/約500GB ハイブリッドHDD/約1TB HDD/約256GB SSD
光学式ドライブ BDXL対応Blu-ray ディスクドライブ(DVDスーパーマルチドライブ機能搭載)、DVDスーパーマルチドライブ
通信機能 無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n)、有線LAN(1000BASE-T)、Bluetooth 4.0
インターフェース USB 3.0端子×3、HDMI端子、アナログRGB端子、マイク/ラインイン/ヘッドホン/ラインアウト端子
カメラ 92万画素ウェブカメラ
カードスロット 92万画素ウェブカメラ
テレビ機能
サウンド機能 ステレオスピーカー、デジタルステレオマイク
本体サイズ/重量 約幅319×奥行き215×高さ13.6~19.8mm/約1.33~1.64kg
オフィスソフト Microsoft Office Home and Business 2013/なし
バッテリー駆動時間 約21.1時間
OS Windows 8/Pro(64bit)
富士通 FMV ESPRIMO SH


(次ページ「豊富なオプションと長期保証が直販モデルの魅力」へ続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事
富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK MH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK LH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通