このページの本文へ

Google、国内7つのリンクネットワークに制裁を科したことを公表

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2014年04月08日 15時48分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

Google、国内7つのリンクネットワークに制裁を科したことを公表

米Google特別エンジニア(Distinguished Engineer)・Matt Cutts氏は2014年4月8日、過去数ヶ月にわたって日本国内の7つの(SEO目的の)リンクネットワークにペナルティを科したことを明らかにした


ここ数ヶ月、同氏は欧米の検索順位不正操作を目的としたリンクネットワークに制裁を科してきた。単に無効にするだけでなく、そうしたリンク売買にかかわっていたサイト管理者にガイドライン違反の指摘を行い、リンクを取り除くよう指導していた。

Google、ギリシャのリンクネットワークに制裁

Google、ドイツの efamous をガイドライン違反で制裁

Google、スペインとイタリアのスパムリンクに警告

Google、ポーランドのリンクネットワークに制裁、リンクを無効化

Google、動画広告の Virool をガイドライン違反で制裁 不自然な外部リンクが原因

Google、ドイツ代理店が運営するリンクネットワークに制裁を科したことを公表

Google、フランスのリンクネットワークに制裁を科したことを公表

米Google、スパムリンクネットワーク"Ghost Rank 2.0" に制裁

米Google、今度はBackLinks.comのリンクネットワークに制裁

米Google、再びリンクネットワークに制裁、今度は"Anglo Rank"

米Google、英国人気フラワーショップに制裁 - リンク購入が原因

欧米や中東のリンクネットワークへの制裁公表が中心だったが、ようやく日本国内のスパム対策状況についても言及された。カッツ氏は具体的な名称は明らかにしていないが、過去にいくつかの大規模なリンクネットワークが無効になっていることは業界関係者の間では認識されている。


#

カテゴリートップへ

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く