このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

完成度の高さを誇るWin 8.1タブレット、ソニー「VAIO Tap 11」

2014年04月01日 10時30分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

メインマシンとしても使える
高いスペックと優れた使い勝手

 最後に、VAIO Tap 11の「Windowsエクスペリエンスインデックス」の結果を紹介しよう。テストに利用した試用機のスペックは以下のとおり。すべて最上位のパーツで構成した最強構成だ。

試用機の主なスペック
CPU Intel Core i7-4610Y(1.7GHz)
メインメモリー 8GB(最大8GB)
グラフィックス機能 Intel HD Graphics 4200(CPU内蔵)
ストレージ 約512GB SSD(6Gb/s SATA)
OS Windows 8.1 Pro(64bit)

 CPU性能を表わす「プロセッサ」は「6.7」、メモリー性能を表わす「メモリ」は「7.4」、デスクトップの描画性能を示す「グラフィックス」は「5.8」、ゲームなどの3D描画性能を表わす「ゲーム用グラフィックス」は「4.7」、ストレージ性能を表わす「プライマリハードディスク」が「8.1」という結果となった。

試用機の「Windowsエクスペリエンスインデックス」のスコア

 CPUに使われているCore i7-4610Yはタブレット向けで、省電力性能は高いもののパワーがやや劣る。だがこれだけのスコアであれば、比較的負荷の高い作業でも問題なくこなせるだろう。「グラフィックス」と「ゲーム用グラフィックス」のスコアが低いが、日常的な作業にはあまり関係ないはずだ。総合的に見ると、メインマシンとしても十分使える性能を備えていることが分かる。

 動作音はほぼ無音に近い。ただし動画再生時や画像編集などマシンに高い負荷のかかるときはわずかに聞こえた。それほど目立つわけではないが、排気口が左上とユーザーから近い位置にあるため少し聞こえてしまうようだ。ファンの動作音というよりは、排気口からの風切音のように感じた。これだけの薄さであれば熱もこもりがちなので、排熱のためにはやむを得ないだろう

完成度が高いWindows 8.1タブレットがほしいなら、
「VAIO Tap 11」がオススメ

 VAIO Tap 11の2014年春モデルを実際に使って感じたのは、前モデルに比べて総合的な使い勝手が向上しているという点だ。最強構成であるためマシンのレスポンスが早いという見方もあるが、Windows 8.1とタブレットの相性が抜群に優れている点が主な理由だと思っている。さらに、「VAIO Scan」をはじめとしたプリインストールアプリによって、仕事やプライベートでの作業も快適に行なえるだろう。

 今回はLTEや11acの通信速度は検証できなかったが、ネットワーク機能の強化も重要なポイントだ。性能と使い勝手の面から見て、VAIO Tap 11はもっとも完成度が高いWindows 8.1タブレットだといえるのだ。

主なスペック
製品名 VAIO Tap 11
型番 SVT1122A1J SVT11229EJB SVT11228EJB
ソニーストア価格 14万7800円から 18万4800円 16万9000円
CPU Intel Core i7-4610Y(1.7GHz)/Core i5-4210Y(1.5GHz)/Core i3-4020Y(1.5GHz)/Pentium 3560Y(1.2GHz) Intel Core i5-4210Y(1.5GHz)
メインメモリー 2/4/8GB(最大8GB) 4GB(最大4GB、VAIOオーナーメードモデルは最大8GB)
ディスプレー(最大解像度) 11.6型ワイド(1920×1080ドット) IPS液晶、静電式タッチパネル、LEDバックライト、 トリルミナス ディスプレイ for mobile、 X-Reality for mobile
グラフィックス機能 Intel HD Graphics 4200(CPU内蔵)/Intel HD Graphics(CPU内蔵) Intel HD Graphics 4200(CPU内蔵)
ストレージ 約128/256/512GB SSD(6Gb/s SATA) 約128GB SSD(6Gb/s SATA)
光学式ドライブ
通信機能 LTE/なし、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac) LTE対応、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac) 無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)
インターフェース USB 3.0端子、microHDMI端子、Bluetooth 4.0+HS、NFC機能、92万画素ウェブカメラ(フロント)、799万画素ウェブカメラ( リア) USB 3.0端子、microHDMI端子、Bluetooth 4.0+HS、NFC機能、92万画素ウェブカメラ(フロント)、799万画素ウェブカメラ( リア)
カードスロット microSD メモリカードスロット
GPS 搭載/なし 搭載 なし
サウンド機能 ステレオスピーカー、デュアルマイク、ヘッドホン出力 ステレオスピーカー、デュアルマイク、ヘッドホン出力
サイズ 本体:約幅304.6×奥行き188×高さ10.5mm(LTE搭載時)、キーボード: 約幅304×奥行き187.4×高さ4.25mm 本体:約幅304.6×奥行き188×高さ10.5mm、キーボード: 約幅304×奥行き187.4×高さ4.25mm 本体:約幅304.6×奥行き188×高さ9.9mm、キーボード: 約幅304×奥行き187.4×高さ4.25mm
重量 本体:約830g、キーボード:約320g 本体:約830g、キーボード:約320g 本体:約780g、キーボード:約320g
バッテリー駆動時間 約8時間
OS Windows 8.1/Pro(64bit) Windows 8.1(64bit)
ソフト Office Home and Business 2013/なし、Adobe Photoshop Elements 12/なし Office Home and Business 2013、Adobe Photoshop Elements 12
付属品 デジタイザースタイラス(ペン)、ペンフック デジタイザースタイラス(ペン)、ペンフック
ソニーストア

ソニーストア

ソニーストア

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画