このページの本文へ

1000円5ポイントとは少々控えめ!?

ソフトバンクモバイル、自社のポイントをTポイントに移行

2014年03月28日 15時55分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソフトバンクモバイルはTポイント・ジャパンとの業務提携を発表。2014年7月から、ソフトバンク携帯電話の利用料金に応じて付与されるポイントが、従来の「ソフトバンクポイント」から「Tポイント」に変更されると発表した。なお、2014年4月以降に新規契約するユーザーについては、先行して4~6月利用分も先行して、Tポイントが付与される。

 ポイント付与率は利用料金1000円(税抜)あたりTポイントが5ポイント。ちなみに現在のソフトバンクポイントは1000円あたり10ポイント付与されている。なお、すでに貯めたソフトバンクポイントも1ポイント1円相当で継続して利用可能(ソフトバンクポイントからTポイントへの交換には対応していない)。

 これに合わせて、2014年7月1日以降、Tポイントをソフトバンク携帯電話の購入代金、修理代金などに利用可能になる。もちろん、ソフトバンク携帯電話で貯めたTポイントは、もちろんTポイントに対応した各種サービスで利用可能だ(1ポイント1円)。

 ポイントの付与率が下がったのは残念だが、TポイントならANAマイルへの移行(500Tポイント→250ANAマイル)など、活用の幅も広がるので、ポイントマニアや陸マイラーにはうれしい!?


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン