このページの本文へ

“斬撃コントローラー”を振ればロボが対戦!

タカラトミー、カタナを振り回すロボットトイ「サムライボーグ」を発売

2014年03月19日 16時05分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
サムライボーグ

 タカラトミーは3月19日、赤外線で操作するバトルロボットトイ「サムライボーグ」を発表、4月19日より発売する。

カタナの振り上げ/振り下ろしでロボットを対戦

 サムライボーグは、全長約10cmのロボットトイ。前進や旋回といった動作とともに刀の振り上げ/切り下しを組み合わせた動作をワンモーターで実現している。各動作は刀の柄型の“斬撃コントローラー”の振り上げ、振り下ろしで操作する。

単品発売としては「エンザン」、「ランザン」の2体。限定セットとして2台セットの「ゲッコウ」(黄色)、「ヤミカゲ」(黒)が用意される

 付属の竹型“バンブーターゲット”を切り倒す遊びのほか、2台用意して対戦するといった遊びが可能。サムライボーグ本体には手持ちの刀のほか、兜と装甲を装着するしくみとなっている。単3電池4本をコントローラーに装着し、コントローラーからロボットに充電する方式で、約20分の充電で約10分遊ぶことができる。価格は3800円。

 なお、タカラトミーでは同種のロボットトイ「バトロボーグ」を発売中で、こちらは相手をパンチで倒すボクシング型の対戦が遊べるようになっている。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン