このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

50年を記念したデザイン投票も開始

シャープ50年の歴史、世界初の液晶表示電卓などを見た

2014年03月18日 12時13分更新

文● 西牧裕太/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シャープは3月18日、同社の電卓開発50周年を記念して「50周年記念 新製品デザイン投票」を開始した。

 今回の投票ではインテリア/スマート/フェミニンの3つのコンセプトモデルに、それぞれ4カラーを用意。計12種類から選ぶことができる。インテリアはショップやブティックにマッチしたデザインで、スマートはビジネスマン向けとなっている。フェミニンはシルキートーンと織レースをあしらい、大人の女性に向けている。投票で人気No.1に選ばれた電卓は、抽選で100名にプレゼントする予定だ。

 投票期間は3月18日から4月10日まで。結果発表は6月下旬となっている。

復刻版のカタログ

 また、合わせて同社が運営する電子コンテンツストアサービス「GALAPAGOS STORE」にて、300円以上のコンテンツを1つ購入ごとに50ポイントを還元するキャンペーンを開始した(キャンペーンサイト)。期間は3月18日11時から3月20日13時までの50時間限定。さらに当時の電卓カタログ復刻版も無料で配布中だ。復刻したのは1978年3月と1981年10月のカタログで、X1やX68000などのパーソナルコンピューター系への礎となるポケコンも掲載されている。

シャープは電卓において「世界初」を作り続けてきた

 シャープの電卓づくりは1964年、世界初のオールトランジスタ式の卓上計算機「CS-10A」からスタートした。以来、1973年に世界初の液晶表示電卓「EL-805」、1974年には世界初の太陽電池式電卓「EL-8026」と、次々に新たな電卓を作りだしていった。EL-805で使われた液晶技術は、その後同社のAQUOSやタブレット端末へと応用されたという。

 2005年には、電子卓上計算機の小型化・低消費電力化に対して技術革新を進めたとし、その技術力と独創性が評価され、「IEEEマイルストーン」の認定を受けた。

 今回50周年記念 新製品デザイン投票に合わせ、歴代の電卓を特別に見ることができたので紹介したい。中には一般公開されていないものもあり、シャープ50年の歴史の深さを知ることができるだろう。

最新の電卓
ヨーロッパでは関数電卓が人気だという。普通科の中学、高校で使われているそうだ
東北大学の川島隆太教授が監修した「脳を鍛える計算ドリル」機能搭載の電卓
ラジオ付き電卓こちらは折りたたみできるコンパクト型電卓
ペンダント型の電卓左にあるコンパクト型電卓と比べてもかなり小さい

 ※ IEEEマイルストーンはIEEEが電気電子技術およびその関連分野における歴史的偉業を称え、認定するもの

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン